Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Tweedaagse van de gaverstreek

2日目は145?。初日は平坦基調でハイスピードなレース展開だったが2日目は小さな丘が選手たちを苦しめたが、平坦でのレースでの駆け引きに慣れていない日本の選手たちにとっては登りのあるレースの方が実力を発揮しやすくチャンスになる。

中村は残念ながらリタイヤとなったが、竹之内は45名のメイン集団で24位。総合成績は13位と同タイムの37位だった。本来のUCIの競技規則の場合、同タイムの場合は最終日の成績の良い順番に総合成績がランクされるのだが(多分)、このレースは平坦のレースゆえの2日間の順位のポイント制で総合成績がランクされた。

UCIの競技規則でのランクでなら総合成績でも賞金を獲得していただけにちょっと残念だが、13位と同タイムの37位という数字が竹之内の実力を表している。

中村は2日目にリタイヤとなったが、これだけ走れればケルメスでももっと走れるはずだ。何かを吹っ切る事ができれば良いのだが…


逃げる先頭集団の10数名の後ろに30数名の集団が迫る。竹之内はこの集団に残った。今日のこの走りは素晴らしい。しかし、半年後もこのレベルにいたら取り残されてしまう。