Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Tour de GUYANE 第6ステージ

今日は約125kmのステージ。明日は今大会最大の山場のステージを迎えるので、総合に絡んでいる選手は「受身」の選手が多い。その隙をついて区間優勝狙いで動いてくる選手、そこに便乗して総合成績で順位をあげる事を考えている選手・・・様々な思惑が絡んでいるが、とにかく逃げが出きる事は予測できる。前半のアタックには大場、武田に逃げに乗るように指示。後半のアタックに関しては明日が山場なので竹之内、中山は「無理」しないで逃げに乗れそうなら動く、事を指示した。

スタート直後のアタックに大場と武田が反応。約15名の逃げができるが約30分で吸収された。その後も激しくアタックが繰り返され、中山も積極的に動くがきまらない。

60kmを過ぎて5人の逃げが決まった。そしてそこに乗ったのは昨日逃げ続けラスト1.5kmで単独アタックをした竹之内。5人は最大で2分を先行するがラスト10kmでは1分まで詰められる。そこで逃げに加わっていたオランダ人がメカトラで遅れ4名、実際にローテーションが行われていたのは3名だったのでかなり厳しい状況だったが最後まで逃げ切り4名のスプリントへ・・・竹之内は4位に終わった。

今日はオメデトウは無かった。竹之内の「めっちゃ悔しいです」に対し「残念だったね」と言うのがどっちも本心だったと思う。

一回も前に出ずに「簡単に」3着に入るギアナの選手が入れば、「苦労して」3着に入る選手も入る。どちらも3着の価値に差があるわけではない。しかし、苦労して得たものは、その経験が後になってきっと生きてくると思う。いいや、生かさなくてはいけないと思う。

チームとして理想的な形でレースを進める事ができた。竹之内はもっと勝つことに執着しても良いと思うし、それができれば絶対に勝てる!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
▼各ステージのハイライトが見られます(ギアナ放送)
http://guyane.la1ere.fr/tour-cycliste-guyane/index.php?page=article&numsite=5240&id_rubrique=5255&id_article=16301
▼Liveはこちら。各ステージの放映時間(現地時間)も載っています
http://guyane.la1ere.fr/tour-cycliste-guyane/index.php?page=article&numsite=5240&id_rubrique=5261&id_article=16307
http://video-direct.france3.fr/player.php?id=1172