Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

竹之内 悠 日本チャンピオン!

竹之内 悠が全日本チャンピオンになりました。応援していただいた皆様、ありがとうございました。以下、本人のブログの掲載されたレポートです。

「昨日のシクロクロス全日本選手権。
勝ちました。
僕が今年のシクロクロス全日本チャンピオンらしいですよ。
実感なしです。

昨日のレース、多くの方が見に来てくれました。
家族、いつもお世話になってる竹内サイクルのおっちゃん、
身体を高校のときから診ていただいてる佐藤先生。
もちろん、僕のことをがきんちょのときから応援してくれている皆さん。
そんな人たちの前で勝てたこと、とても嬉しいです。

レース前から精神的に辛かったけど、
たくさんの人に支えられてると思うと
へこたれた走りもできない。
自分のために走る余裕がなかったです。
それに全日本前の一週間はコンディショニングとか全く上手くいかず、、
改めて全日本選手権の難しさを感じました。

レースも
辻浦さんに押されっぱなし。
9連覇されてるだけある。
気迫に押されました。
さすがです。ほんとに。

ずっと二人のパック。
お互いにお互いの得意な所で攻め合えました。
辻浦さんのテクニック、経験、レースの駆け引き、オンパレードでした。
もう必死。
ペースに飲み込まれすぎないように。

辛かったです。
けど、すごい緊張感。
お互いに隠さずレースに全てをぶつけ合える感じ。
とても楽しかったです。今思うと。

レースは勝てて、
タイトルを手にとれました。
多くの方におめでとう。という言葉。
そして、
歴史を変えたね。という言葉をいただいてます。
時代が変わった、とも。。。
僕の中では、時代が続いた歴史が続いた結果だと思います。
辻浦さんに対して、感謝の気持ちと敬意でいっぱいです。
今の自分がいるのも辻浦さんのおかげです。

これからも目指すところは変わらず世界です。
やれるだけやります。
これからもたくさんの人にわがままを言い、迷惑をかけていくと思います。
そんな自信があります。

最後に、Oakleyさん、OGKさん、ダイナソアさん、竹内サイクルのおっちゃん、
日本一になれるフレームを作っていただいたTOYOのてつやさん、
メカニックの西さん。
にーちゃん。かーちゃん。
ありがとうございました」





写真はカメラマンのTanaka Sonoko女史より提供していただきました。ありがとうございます。