Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Esplechin

前半から激しくアタックが繰り返されるが、どれも決まらない。そんな中1時間も過ぎた頃に大場のアタックをきっかけに3人が先行。それを追随する形で約15名が加わり、20名の先頭集団ができた。有力選手が加わった先頭集団だったが、牽制が入ってしまい、ラスト30kmでメイン集団に吸収。レースは振り出しへ。
最終周回に約6名が抜け出すがユラーシアのメンバーは誰も加わる事はできず、後続のメイン集団でフィニッシュした。

大場はそのスピードと独走力はとても良いものを持っているが、その力を持て余しており、集団での位置取りなどで浪費している。レースをもっと観察し、経験を積めば、結果はついてくると思う。
レース会場まで約40kmを自走し、レースを走り、レース後も暗くなるまで自走で帰宅。約200kmを走った。

大場のアタックが3名で集団を抜け出す。






その後約20名の先頭集団ができるが、思うようにペースが上がらない。






大場の集団が吸収されると竹之内が積極的に集団の前方で動くが6名を逃した。






先週、950kmを走った中山は今週はリカバリーで、集団の中で様子を見ながら走る。






全員が自走で帰宅。この日200km近くを走った。