Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Anzegem

エントリーは190名。オメガファーマやロットのU23サテライトチームや、地元の有力チームが多数参加。いつもよりワンランク上のメンバーが揃った。レースは風が強く、道幅も狭いため集団が何度も分裂、合流を繰り返しながら最終的に50名に絞られ、そこにユーラシアは竹之内、中山、大場が残った。最終的には大場、中山が遅れ、竹之内は19名の先頭集団を逃すが、ラスト2周で後続の集団から3名で飛び出し、最後まで走り切った。

横風区間での走りは位置取りのテクニックやレースの流れを読む力、そして絶対的な力と、様々なものが試される、そんな中でも3名が先頭集団に残ったのは前回と比べれば良くはなったと思う。ここをスタンダードにしていかないと、「学ぶべき事すらない」ただの消化レースとなってしまう。

Yu Takenouchi 22位
中山 リタイヤ
大場 リタイヤ
藤岡 リタイヤ
小石 リタイヤ


成長し続けるには今回のような頭と体をフル回転させるようなレースを継続して行い、ステップアップしていかなくてはならない。