読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

BEVEREN-ROESELARE

1. MAENE Kevin CYCLING TEAM HELSMOORTEL LUTHO
2. LIGNEEL Brian TERRA FOOTWEAR - BICYCLE LINE
3. GRATIOT Alexandre CC NOGENT OISE
4. NEIRYNCK Kevin C.T. KEUKENS BUYSSE KNESSELARE
5. VAN HOLDERBEKE Mathias COLBA SUPERANO HAM
6. TAKENOUCHI Yu TEAM EURASIA
7. GELDHOF David WIELERTEAM DECOCK-SPORTIVO MOORSELE
8. VANDEN BAK Laurent CYCLING TEAM SOENENS-CONSTRUKT GLAS
9. RAEDT Nielsen DOUCHY-THALASSA CYCLING TEAM OOSTENDE/LANGEMARK
10. BORRY Kim CYCLING TEAM SOENENS-CONSTRUKT GLAS

29. MASATOSHI Oba  TEAM EURASIA
32. KAKAYAMA Takashi TEAM EURASIA
41. YAMAZAKI Wataru  TEAM EURASIA
42. KOISHI Yuma  TEAM EURASIA

前半から大場を中心に積極的に攻撃し、一時的に先行する事はあるのだが逃げは常に集団に吸収され振り出しに戻る。中盤に8人程度が逃げを決めた後に竹之内が単独で追走し、追いつく。この10名前後の先頭集団に約20名が追いつき30名の集団となる。そこからまた竹之内を含む8名が逃げを決めた。最終周回に1人に逃げられ2位争いのスプリントも失速し6位に終わった。

竹之内コメント
「勝ちを意識出来たレースなだけに、今日の失敗はとても悔しい。まぐれでもなく、確実に自分の力で手が届くなと今日は改めて感じた。だからこそ、今日逃したチャンスが惜しい。次は確実にいきたい。」