Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Douchy-les-Mines (Fr/Elite National)

1 VAN CAUWENBERGHE Christopher SOENENS CONSTRUKTGLAS 02:19:45
2 TIELEMANS Pierre RAISMES PETIT FORET 02:19:45
3 NACHTERGAELE NIELS ESEG DOUAI 02:19:45 00:00:00
4 KOWALSKI Rudy ROUBAIX LILLE METROPOLE 02:19:45 00:00:00
5 HARBONNIER Sébastien ARMEE DE TERRE 02:19:45 00:00:00
6 JANSEN Franck VACANSOLEIL 02:19:45 00:00:00
7 DEBRABANT Fabrice VIEUX CONDEE 02:19:45 00:00:00
8 OLEJNIK Tomasz PAVILLY BARENTIN 00:00:00
9 PELLERIAUX Nicolas RAISMES PETIT FORET 00:00:00
10 MAYENCON MAXIME US HYEROIS 00:00:00
11 KOISHI Yuma TEAM EURASIA IRC TIRE 00:00:00
47 AMAGOI Tatsuki TEAM EURASIA IRC TIRE 00:02:10
50 HISHINUMA Yukinori TEAM EURASIA IRC TIRE 00:02:10
71 KOMORI Ryohei TEAM EURASIA IRC TIRE


チームユーラシア−IRCタイヤに所属する小石 祐馬(19歳)がフランスのトップアマチュアカテゴリーで11位に入賞した。
スタート後15kmで7人の先頭グループに加わるものの、1時間後にチームメイトの小森 亮平(24)を含んだ20人の集団に吸収された。しかし、その直後に13人の逃げグループに再度加わり最後まで逃げ切りスプリントとなった。
小石祐馬コメント
「ラスト3kmで集団のペースが一瞬落ちたすきをついてアタックしたのですが、泳がされて終わってしまいました。その後、集団から遅れてしまったのですがなんとか追いつく事ができました。調子が良いので今週末のGPクリケリオン(UCI1.2)も頑張ります。」



序盤の逃げに小石が加わる。











小森を含めた追走集団が合流し約30名の大きな集団になる。










大きくなった先頭集団から13名が抜け出し、小石が加わる。











後続の集団では小森が集団を牽制。












ラスト20kmから激しいアタックが繰り返されたが最後は12人のスプリントとなった。優勝したクリストフ バンカウウェンベルハ(22 ベルギー)は今期5勝目。