読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

AMAY

About 150riders at Strat, 104 riders finish.
1 77 HONIG (NED) REINIER TVC TEMPO VELDHORVEN 2h36
2 110 VLIEGEN LOIC BMC
3 72 CARNEVALI J-ALBERT VERANDAS WILLEMS
4 141 CORDEEL SANDER VASTGOEDSERVICE
5 138 WALLAYS JENS EFC OMEGA PHARMA
6 130 STEVENS TIMOTHY TERM 3M à 6 "
7 55 FINDERS (GER) DIRK TO WIN JOSAN
8 53 POLAZZI FABIO TO WIN JOSAN
9 131 DEWPRTELAER SERGE VERANCLASSIC DOLTCINI
10 39 DEBAENE MARTIJN VL TECHNICS à11"
11 149 BLEUS ROBIN COLOR CODE
12 126 DONNAY LAURENT OTTIGNIES à 1'52"
13 79 GEYSEN KURT VASGOEDSERVICE à 2'06"
14 102 GREMELPONT AXEL T PALM - PCW
15 41 FRANCKAERT GREGORY TEAM 3 M
16 150 CLARKE (GBR) DAVID KTM ROAD
17 25 RUYTERS BRECHT LOTTO BELISOL à 2'08"
18 38 WERTZ THOMAS COLOR CODE à 2'44"
19 103 BROGRS ERWIN UNITED ST TRUIDEN
20 68 BOSTERS (NED) JURRIËN JONGE RENNER

36th Masaru Nakazato
DNF Takamasa Shimizu
DNF Masato Kanai
DNF Naoya Yoshioka

前半から12名の逃げができ、中里もアタックの掛け合いに参加していたが、逃げに加わることはできなかった。この12名はコンチネンタルチームが8名、オメガファーマU23、BMC U23、昨年までプロコンチだった選手等々、強力なメンバーだった。後に追撃で約20名が集団を抜け出すが、ここにも加わることはできなかったものの、35位争いの約10名の第3集団に加わる事ができた。優勝したホニッグは昨年までクレランで走っていた選手。16位のクラークは2006年にNIPPOで活動し、昨年はBAKUで走っていたイギリス人である。結果は35位だが、強力な選手が多く走る中、35位争いとはいえ集団を抜け出した中里の走りは評価したい。