Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Lauwe

1 VANHAECKE Thomas
BEL19890616 2H39´15"
WIELERTEAM DECOCK-WONINGBOUW VANDEKERCKHOVE ELITE

2 BRAM Deprez
BEL19860606 z.t.
CT CRAEYNEST & CO - SOUNDS BETTER - RIJWIELEN VERMEEREN ELITE

3 CARPENTER Lawrence
GBR19930802 z.t.
CATFORD CC U23

28 AMAGOI TATSUKI Team Eurasia- IRC TIRE

レース序盤に8名の逃げが決まり、追撃で15名が動いた。後に一つにまとまり約20名の大きな集団となったが、人数が多過ぎてハイスピードを維持できずに、後に集団に吸収され振り出しに戻る。レース後半に入り、雨乞は集団から抜け出しを図るが失敗。同じようなタイミングで集団から2名が抜け出し、更に2名、1名と続き5名の逃げが決まった。この5名は最後まで逃げ切った。後続は集団スプリントとなり28位だった。

スプリントを狙ってよい数字を求める事は一番 安易に成績を残す手段である。それが必要な場合もあるし、そこは否定しない。しかし、集団の中で良いポジションをキープし、レースの流れを把握し、集団から抜け出すタイミングを計り、実行する能力が無ければいずれ壁にぶち当たる。スプリントで1桁に入賞する事よりも、集団から抜け出して最後まで逃げ切りの20位の方が「その後の競技人生」を考えた場合、より重要な事であると思っている。繰り返すが「結果」を求める時は別だし、それを必要とする時もある。また既に課題をクリアしている(集団から抜け出す動きに反応できる)のであれば、そんな事を考える必要すら無い。しかし、雨乞はまだその時ではない。
力が劣っているのであれば、「無理」な事かもしれないが、決して力が劣っているとは思えない。やればできるなんて簡単な事ではないが、やらなければならない・・・












集団から抜け出しをはかる雨乞。レースの流れ的なタイミングは良かったのだが良い動きに乗り遅れた。











先の雨乞が動いた後に2名が飛び出す。









追撃の2名。










先頭集団の5名。ここに残る動きにチャレンジしているがあと少しのところでうまくいかない。ひたすら「試行錯誤」あるのみ!