Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Flobecq

9.2km x 11laps  68 riders start

1 Benoît Daeninck Fr CC Nogent-sur-Oise

32 Narumi Soh JPN Team Eurasia-IRC TIRE

40 Shimizu Ohko JPN Team Eurasia-IRC TIRE

 DNF Onodera Nozomu

 

周回コース上に高低差約100mの丘があり、獲得標高は1500m前後となり、ベルギーでは貴重な登りのあるコースである。

前半から清水、鳴海共に積極的に動くが逃げは決まらない。レースが中盤を過ぎた頃に3名が集団を抜け出す。この追撃集団7名に清水が加わった。

集団から先行した10名は強いメンバー揃い、逃げる事に強調しながら集団との差を広げ、逃げが確定された。

後続の30名ほどの集団には鳴海が控えている。

 

しかしラスト2周の丘で清水が遅れてしまった。

 

勝ち逃げから遅れてしまったのは残念だが、前半から逃げを意識した展開に加わりながら、有力メンバーが動いた「本命」の逃げに加わった事に自信を持って欲しい。

 

優勝はBenoît Daeninck。2012~2013年、チームユーラシアでフランスのレースに積極的に参戦していた頃に勝ちまくっていた選手だ。当時はUCIヨーロッパツアーなどでも数勝しており、雲の上のように感じていた選手だ。
既に35歳となりピークを過ぎているのかもしれないが、彼と一緒に力勝負できたのは良かった。今回は力負けしたが大きな手応えを感じた。
レース後 パイオニアのペダリングモニターで確認するとMaxPower 20分、5分、1分をそれぞれ今期ベストの数値が出ていた。

 

cyclo-sphere.com

f:id:teameurasia:20160727054311j:plain

 

 

f:id:teameurasia:20160727161136j:plain

鳴海は前半から積極的に動くも本命の動きに加わる事は出来なかった。逃げに加わった清水と鳴海との力的な差はそれほど大きなものではないが、それ以上に経験の差が出ている。
「逃げに加われない」事を焦り、消極的になるよりも、時間はかかってもより沢山の経験を積むしかないと思う。近道は無い。

 

f:id:teameurasia:20160727054341j:plain

f:id:teameurasia:20160727054407j:plain