読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

BMC Racing Team

Cycling Academy

Thank You Very Much BMC Pro Cycling Team
to invite Japanese Junior cyclists at Service Course!
You guys are our Dream!!

昔、アメリカのモトローラと言うプロチームの研修生として
3年間サポートしていただいていたのですが、
当時のGMのジム オコヴィッツ氏は現在BMC サイクリングチームのオーナー。

オコヴィッツ氏は人とのご縁をとても大切にされる方で、
当時のモトローラ時代のスタッフやマネージャー、選手が
現在でもBMCで働いています。

この辺の話を詳しく話しだすととても長くなるのでまた今度整理して
お話したいと思います。

 

先日ジュニアのレースで当時のスタッフ(現BMCスタッフ)と再会し、
BMCのGMから「サービスクルス(チームの拠点~機材、バス等が保管してある)を案内するよ!」と連絡をいただきました。

BMCのサービスクルスにはオリンピックで優勝し、
リオから到着したばかりのバンアベルマルトの自転車や、
歴代のチャンピオンたちの自転車、最新の機材、整理整頓された数百台のバイク・・・

もう、皆 目をキラキラさせて見ていました。

にしても、皆が一番注目していたのはバスのトイレ・・・
なぜ?

 

 

BMCのサービスクルスはベルギーのエケにあるBMCコンセプトストアの奥になっています。ショップの雰囲気はこんな感じ。

f:id:teameurasia:20160812034509j:plain

Photo by

http://bmcconceptstore.be/

 

 

f:id:teameurasia:20160812034517j:plain

 

 

 

サービスクルスは関係者以外立ち入り禁止ですが、ショップから中を覗く事ができます。
ガラスにへばり付いて「うわぁーすげーすげー」と言って盛り上がる少年達。

f:id:teameurasia:20160812034804j:plain

 

ガラスの向こうの世界はこんな感じ。まさか中に入れるとは思っていなかったようでテンションが上がりまくっていた!

f:id:teameurasia:20160812035014j:plain

 

 

 

BMCのマネージャーN. デヨンケーレ氏より説明を受ける。ここはアベルマートのバイクエリア。

f:id:teameurasia:20160812035003j:plain

 

 

 

 

 

チームバス

f:id:teameurasia:20160812035244j:plain

 

 

 

 

 

 

 

個人的にスゲーと思ったのはこれ。なんだか分かります?答えは最後に・・・

f:id:teameurasia:20160812035308j:plain

 

 

 

言わずもがな・・・ですね。

f:id:teameurasia:20160812035358j:plain

 

 

デヨンケーレ氏は元プロ選手でベルギー ウェストフランドル地方でU23 アメリカナショナルチームの選手を受け入れ、サポートを行っていた。その選手たちはタイラー フィニーやテジェイ バンガールデンで含まれている。「バンガールデンはU23で初めて欧州を活動の拠点にしたが、ハンドリングスキルを苦手としており今でもそれがパフォーマンスに影響を与えている。~~~若いうちはトラックレースでハンドリングスキルを磨いたり、できるだけ早くベルギーでレースを走るべきだ」と言っていた。

f:id:teameurasia:20160812035413j:plain

 

 

f:id:teameurasia:20160812040230j:plain

 

 

先ほどのベストの答えは・・・高温時用のウォームアップ時に着用するクーリングダウンジャケット(ややこしい)でした!