読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Team Eurasia - IRC TIRE Cycling Academy #14 Lessines for Jr

Cycling Academy Race

GP DES CARRIERES KERMESSE DU CAYOTEU

89km 8.9kmX10laps  52riders start 45riders finish

 

1 VAN ELZAKKER WOUT

WILLEBRORD WIL VOORUIT

02:09:26

 

2 VANDEPUTTE JONAS

ALU DECOCK-LITUBEL WIERLERTEAM WAREGEM

 

3 COLMAN ALEX

LARES -DOLTCINI

 

10 OMACHI KENTO

EURASIA IRC TIRE

 

17 HANADA KIYOMASA

TEAM EURASIA

 

40 SUZUKI SHIRYU

TEAM EURASIA

 

DNF YAMAGISHI Daichi

 

周回コース上に小さな丘が2箇所ある。

スタートからアタックは繰り返されるがコース的に集団で流れるコースで決定的な逃げは決まらない。

4周目に入り5名が先行。この追撃で花田が動き、後に大町も合流。日本人2名が加わった5名の追撃グループは5周目には先頭グループと合流し、10名の先頭グループを形成した。

 

決定的な逃げに見えたが後続のメイン集団もペースが落ちずに7周目にはその差を一気に詰めた。

 

吸収される直前に花田がアタック。絶妙のタイミングでメイン集団から飛び出した3名が花田と合流。4名の先頭グループができる。

 

後続のメイン集団とは一気にその差を30秒開いた。

花田を含む4名は集団に約15秒のタイム差を保ちながら最終周回へ。

 

最終周回に入り大町とオランダのVAN ELZAKKER WOUTが集団から飛び出し、先頭集団に合流。

6名の先頭集団で2名がチームユーラシアと言う絶好のチャンスだ。ラスト4kmの緩い登りで花田がアタック。しかし、すぐに吸収。そのカウンターでVAN ELZAKKER WOUTがアタック。ゴールまで逃げ切った。

 

チームメイトが先頭集団の4名に加わりながら大町は有利にレースを進めることは出来なかった。完全に経験不足、戦略の失敗である。

 

鈴木はメイン集団に残っていたがラスト2周でペースが上がった際に後続の集団に取り残されてしまった。山岸は前半アタックする姿が見られたが、レース後半メイン集団から遅れDNFとなった。

 

f:id:teameurasia:20160819054547j:plain

2周目。集団を牽引する花田。

 

 

 

f:id:teameurasia:20160819054710j:plain

5周目。10名の先頭集団を形成し、大町、花田の2名が加わった。

 

 

f:id:teameurasia:20160819054842j:plain

6周目花田を含む4名がメイン集団を引き離す。

 

f:id:teameurasia:20160819054926j:plain

優勝はオランダの VAN ELZAKKER WOUT。

勝つ可能性の非常に高いチャンスだったが逃してしまった。しっかりと反省点を洗い出し、次への課題としたい。