読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Team Eurasia - IRC TIRE Cycling Academy #18 West Vlaanderen Cycling Tour st3 Rekkem for U17

Cycling Academy Race

Starters:146   68km  1:39:17  Avg Speed.41,09k/h

 

14

YOSHIAKI Fukuda

TEAM EURASIA

 

 

19

YOKOTA Enzo

TEAM EURASIA

 

46

YUTA Hosada

TEAM EURASIA

 

70

ONODERA Kei

TEAM EURASIA

 

DNF

KOBAYASHI Hitomu

TEAM EURASIA

 

DNF

YANAGISAWA So

TEAM EURASIA

 

個人総合成績

57  YOSHIAKI Fukuda

TEAM EURASIA

0:02:42

 

59

ONODERA Kei

TEAM EURASIA

0:02:48

 

68

YOKOTA Enzo

TEAM EURASIA

0:05:24

 

90 YUTA Hosada

TEAM EURASIA

0:08:22

 

選手たちには「逃げに加わる事とスプリントになった場合は福田を前に引き上げる事」を指示した。

常にアタック&吸収が繰り返される展開で、中々決定的なアタックは出来なかったが、細田がレース中盤に数名で先行した。先頭交代に加わらない選手が数名いた為、後に吸収されてしまったが、このような厳しい展開で集団から抜け出した事は評価したい。

最終的には全ての逃げは吸収され、約90名による集団スプリントとなった。

福田が孤軍奮闘し最終コーナーを6番手前後で回ったが緩斜面での登りゴールで失速し14位だった。横田、細田、小野寺はメイン集団でフィニッシュ。途中遅れた古林と柳澤はDNFとなった。

 

個人総合成績はチームTTで大きく差を付けられてしまうので、個人の実力が見えにくいのだが、細田は初日の単独落車が無ければ連日メイン集団でフィニッシュしており、また最終日は逃げに加わるなど健闘を見せた。
小野寺は昨年ベストヤングライダー賞を獲得しているが、昨年付いて行くのが精一杯だったBellegemでのステージで今年は勝ち逃げに乗るなど成長が見えた。福田はスプリントでの集団の位置取りなどテクニックを見せ、成績も残す事ができたが、今後は逃げに加わる事も積極的にチャレンジして欲しい。小集団での逃げを決めて、そこからのスプリントであれば勝率はぐっと上がると思う。横田は初日の落車後の集団復帰は素晴らしかった。これはイタリアで経験を積んでいるアドバンテージだと思う。古林と柳澤はリタイヤとなってしまったが、日本でも可能な限り多くレースで経験を積んで欲しい。

 

f:id:teameurasia:20160823152903j:plain

f:id:teameurasia:20160823152929j:plain

Photo by Bruno