読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

レースは約40KMの大きな周回コースを2周。そして1周11KMの周回コースを5周してフィニッシュ。大きな周回コース中には平均勾配6%、約2KMの上りが2箇所ある。
出走204名  135 km (2 x 37,5 + 5 x12)


1位 VAN HOOF Nick  BEL
2位 EDWARDS David AUS
3位 DEVALCKENEER Sieben  BEL
20位 徳田 優(Japan National Team)
38位 石上 優大(Japan National Team)
DNF 鳴海 颯
DNF 清水 太己
DNF 小野寺 望


以下 鳴海によるレポート

レース名・Arden challenge etap.1
日付・4月14日
天気・晴れ・曇り
距離・
結果・DNF

目標・集団前方で展開する。

展開・スタートは前のほうに並べた。しかし平坦や、下りのスピードが出て、流れていくような時間で、落車を恐れてしまい、後方に下がってしまった。1つ目のGPMの前の下りで、落車が発生。転倒はしなかったものの、完全にストップ。周りにいたメンバーと、集団後方まで登り区間で戻ったが、そこまで戻るまでに脚に来てしまい、登り切る前に千切れてしまった。遅れていた選手らと集団復帰を目指し、チームカーの車列を利用しつつ回して追ったが、追いつくことなく大周回1周目で下ろされてしまった。

考察。落車に巻き込まれてしまったのは、集団後方に位置してしまったのが問題だと思う。前にいればペースもきつくなかったかもしれない。登りはいいペースで前を引けていたので、明日は、位置取りを意識して走りたい。