読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

MEMORIAL STAF SEGERS - SCHOTEN

46th Omachi Kento
82nd Hanada kiyomasa
86th Narumi Soh
98th Shimizu Ohko
DNF Yoshioka Takuya
DNF Takiyama Riku

昨年は1時間で全員がリタイヤしたレース。今年は6名出走、4名がメイン集団でフィニシュし、大町はラスト40kmから11名の逃げに加わった。メンバーもよく最後まで逃げ切る可能性もあったが、最終周回に吸収された。
数字だけで見れば大した成績ではないが、内容は素晴らしいレースだった。

以下、大町によるレポートです。

橋川 健



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天気 晴れ 風は普通 気温 やや暖かい

距離 134km

展開 スタートからアタック合戦があり、アタックに反応したり自ら仕掛けてみるが決まらず集団に吸収されてしまう。そして捕まった直後のカウンターアタックで逃げ集団が形成されてしまう。

次の追走の動きに反応出来るように集団前方に位置しながら待つ。そして追走の動きがあり、すかさず反応するが集団から抜け出せずそのまま集団がペースアップし逃げ集団を吸収し振り出しに戻る。そしてその後、アタック合戦になる。その中で前に位置する事が出来ていたのでそのアタック合戦に参加する。

残り3周に入る直前に6人ぐらいがアタックしたのでそれに反応し追いついて後ろを確認したところ、集団とのタイムギャップが開きかけていた。そして10人程になった逃げ集団の中でローテーションが回りはじめる。

そして、メイン集団が目視で確認できなくなるぐらいまでタイム差がひらいたが残り1周をきった辺りで集団に追いつかれてしまう。追いつかれた後も集団のやや前方に位置していたがそこからさらに前にはあがることが出来ずにそのままゴールに流れ込んだ。

良かった点 逃げに乗る事ができた点

悪かった点 最後の最後で前に上がりきれなかった点

感想 思ったよりも石畳を問題無くクリアできた。次回も頑張ります。

f:id:teameurasia:20170406225709j:plain