Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

16e GP - 11e memorial Eddy Louagie (Hooglede)

16e GP - 11e memorial Eddy Louagie
134riders@start   81riders@Finish

23rd Hanada Kiyomasa
25th Omachi Kento
29th Shimizu Ohko
54th Narumi Soh
DNF Takiyama Riku
DNF Yoshioka Takuya


前半は大町が積極的に動き、中盤は清水が動けた。清水は今期 元気な走りをまだ見せていなかったのだが、ようやくコンディションを上げてきた。



スタート直後からアタックが繰り返されハイスピードで進むが逃げは決まらない。
中盤に入り4名が集団を抜け出すが、メイン集団は追撃の手を緩めることなく進み、約1時間後に吸収。次の展開に入る所で清水も積極的にアタックに加わった。

決定的な逃げに加わる事は出来ずに、ユーラシアの4名はメイン集団でのフィニッシュとなった。

レース後、パイオニアのペダリングモニターを解析すると昨季~今期のNP値が最高値を出していた。

来週からはアルデンヌチャレンジが始まるので、良い形でスタートしたい。

清水のレース当日のデータは以下のリンクより。
約30kmの会場まで自走で行き、自走で帰宅。トータル170km走行しました。
レース中のデータはLAP3です。

cyclo-sphere.com



 

 

f:id:teameurasia:20170409161342j:plain
天気が良かったので外でレースの準備を行いました。


f:id:teameurasia:20170409161348j:plain
瀧山 理玖。U23 1年目でまだベルギーのレースで「痛い目」にあっている。最初の数レースは30分以下で終わってしまう事も多かったが、今日はハイペース&ハード な展開の中1時間以上走ることができた。



f:id:teameurasia:20170409161321j:plain
出走数が多く次々と力ずくでのアタックが行われては、集団に引き戻される展開が続き、アタックが決まらずハイペースな展開が続く。先頭はエティックスとロットのサテライトに所属する選手。集団の先頭(向かって右側の青白ジャージ)で牽制しているのはスティーブン・カトーベン。4年前までプロコンでバリバリ走っていた選手。プロ時代は第1カテゴリーのレースでも優勝し、昨年も3~40勝している・・・





f:id:teameurasia:20170409055057j:plain
4名の逃げを吸収し、カウンターでアタックする清水。本来の良い時の清水が戻りつつある。




f:id:teameurasia:20170409161336j:plain

前半は動けなかったが後半に入り花田も集団前方で展開に加わっていた。