Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

3day’s 熊野 Day2

6月3日

3day’s 熊野  第2ステージ  熊野山岳コース

距離 45.8km

 

結果・大町 健斗  3位

鳴海 颯 9位

花田 聖誠 15位

瀧山 里玖 43位

吉岡 拓也 47位

清水 太己 48位

 

スタートしてすぐの登りから総合上位勢を含む登りに強い選手によるアタックが頻発し、瀧山、清水がチェックに入る。アタック合戦が続く中5km地点のあたりで大町が後ろの選手と接触し、エンドが曲がってしまうというアクシデントが発生した。それによりリアの変速機に問題を抱えたまま走ることになる。

結局、勝負所の千枚田まで逃げは決まらなかった。当初の予定では吉岡を先頭にチーム全員でトレインを組み登りに入るプランだったが、千枚田の登り口手前には清水と瀧山を除いた、吉岡、鳴海、花田、大町の順でトレインを組み、登りに突入。千枚田の登りに入った所で集団が活性化し飛び出していく選手に対して鳴海は反応するが、花田、大町との連携はうまくいかない。その後もアタック合戦が続き2人の選手が先行するのを大町を含む3人の選手が追走する形となった。残り12km地点の下りで大町を含む2人が先行していた先頭の2人に追いつき、大町を含む4人のメンバーでゴールスプリント、大町が3位入賞となりました。課題は多かったですが集団をコントロールしエースを勝負どころまで温存させる動きをチームで出来たことは大きな収穫でした。

 

Team Eurasia – IRC Tire 瀧山 里玖

f:id:teameurasia:20170608095104j:plain

 肩を落としてフィニッシュする大町