Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー #1 U19 Opwijk

1     WARD ADAM     IRELAND
2     FLANNAGAN BREANDAN      IRELAND
3      MUHAMMADNURFITRI AMMAR MALAYSIA
28 TAKAGI HIDEYUKI     JAPAN


サイクリングアカデミーも今年で4年目。

リピーターが多いのもサイクリングアカデミーの特徴ですが、今年でジュニア2年目の高木君も昨年に引き続いて2回目の参加になります。

出走は62名と多くはありませんでしたが、参加者はアメリカ、アイルランド、オーストラリア、南アフリカ、インド、マレーシアそして日本と世界中からベルギーに集まっています。

 

f:id:teameurasia:20180719042633j:plain

 

f:id:teameurasia:20180719042637j:plain

1周目から単独で逃げる ADAM WARD。アイルランドのジュニアチャンピオンである。

 

 

f:id:teameurasia:20180719042640j:plain約40分後に吸収されるがその後も活性化する集団(アタックするのはマレーシアの選手)にADAM WARD(その右側後方)は反応していく。

 

 

 

f:id:teameurasia:20180719042646j:plain高木は昨日ベルギー入りしたばかりで、「様子をみながら走ろう」と言う事だったが「中盤以降はコンディションの良さを感じた」という事でチャンスを伺う。

 

 

 

f:id:teameurasia:20180719042659j:plain
レースも後半に入り7名のエスケープが決まった。ここにもADAM WARDが入る。

 

 

 

f:id:teameurasia:20180719042706j:plain
追走する7名。後に先頭の7名と合流し、14名の先頭集団を形成した。


f:id:teameurasia:20180719042716j:plain
高木もアタックに反応して追走するが追いつくことは出来ずに、集団に引き戻されたが、賞金圏内の28位でフィニッシュした。

 

 

 

f:id:teameurasia:20180719042723j:plain

先頭集団の14名からアイルランドの2名が抜け出しワンツーを決めた。

 

 

 

f:id:teameurasia:20180719042732j:plain

3位にはマレーシアのMUHAMMADNURFITRI AMMAR。中盤も積極的に動き、3位に入賞した。