Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

西日本実業団サイクルロードレース

今回の西日本実業団がチームユーラシアにとっての国内最初のレース。中山卓士が8位に入賞した。出走は100名前後、シマノ、ブリッツェン、マトリックス、アンカーなど、来週の日本選手権に向けてフルエントリーを行っている。このようなレースで上位20名の中で唯ひとり中山のみがU23の選手であり、結果を見れば「良くやった」と言ってやりたい。

だが、1周目からアタックが繰り返され、激しく先頭集団が入れ替わる中で、ユーラシアの選手は一度も先頭集団には加わる事ができなかった。言ってみれば、日本選手権に向けて「最後の追い込み」のつもりで「攻め続けた」選手たちが自滅していった感じである。

自分の意志で戦略的に「待」って結果を残したのならそれは良いと思う。しかし、1周目の逃げはシマノ2名、ブリッツェン2名、アンカー2名、マトリックス1名、グムサン1名である。本来ならこれでレースは終わっていた。しかし、運よく追撃のチャンスもあった。しかしそこでもユーラシアの選手は乗り遅れた。

一レースファンとして見ていてエキサイトなレース展開で面白かったが、ユーラシアの監督としては胃が縮む思いでレースを見ていた。

来週は日本選手権。今回とはまた違ったレース展開になると思う。気を引き締めて日本一を狙います。