Team Eurasia-iRC TIRE

🚴‍♀️ロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Tour of Japan 第3ステージ 相模原

追走に乗り先頭集団に追いついた加藤が12位!

📍Tour of Japan St 3 (Sagamihara)

🏁 Neutral 4.6km+11.1km+13.8kmX7Laps=107.7km

🚴‍♀️ 70 riders

12 KATO Ryo 加藤遼

38 KOMURA Haruki 小村悠樹

59 IROKAWA Takehiro 色川岳宏

DNF KAJITSUKA Rikito 梶塚力斗

レース前ドライだった路面は、宮ケ瀬ダム周回コースに着く頃には大粒の雨となっていた。

テクニカルな宮ケ瀬ダム周回コースに入りウェットな路面を苦手とする梶塚が集団から遅れリタイヤとなった。

小村と加藤は的を絞りながらアタックに反応、ラジオツールを通し彼らの名前を聞くこともあったが全て吸収された。

レース終盤、アタックが続く集団から8名が抜け出し、メイン集団とのタイムギャップは約2分が保たれる。

ラスト3周になったところでナショナルチームが3名でアタック。そのまま集団を抜け出す。集団のペースが上がらないのをみてマトリックスのマンセボがアタック。これに加藤遼が追走。更に数名が加わり11名の追走集団ができた。

タイムギャップが2分近くあったことと、逃げている7名も良いメンバーだったので前に追いつける可能性は少なかったが、11名は順当にローテション。ラスト10㎞で前に追いつき18名の先頭集団が完成した。

18名の先頭集団は後続のメイン集団と2分以上のタイムギャップがあったことと、残り距離が短かった事で、アタックが繰り返され、ペースが乱れた。このアタックの応酬で5名が遅れ、最後は13名による登りのスプリント。加藤は先頭集団に残り12位でフィニッシュした。

小村、色川もメイン集団に残りフィニッシュ。
最終ステージとなる東京でも積極的な走りを期待したい。

MTBも走る色川。MTBではマディな路面は得意としていないが、ロードでのウェットな路面は得意と感じている。今回はフォーミュラプロ チューブレスレディ スーパーライトを前後5.7barで使用

去年以上にレース展開に絡んで走れている小村

 📷photo by Kensaku SAKAI

Tour of Japan 第2ステージ 富士山

📍Tour of Japan St 2 (Fujisan)

🏁13.0X4Laps+9.4km+17.4km=78.8km

🚴‍♀️ 71 riders

24 KATO Ryo 加藤遼

38 KAJITSUKA Rikito 梶塚力斗

65 KOMURA Haruki 小村悠樹

66 IROKAWA Takehiro 色川岳宏

 

スタート直後にナショナルチームの寺田選手と愛三の渡邊選手がアタック。集団が追う気配を見せないと、さらに集団からユーラシアの小村と他数名が加わり7名のエスケープが決まった。小村はレース前から「逃げに加わる」事を目標にしていた。

 

小村含む7名の逃げ

メイン集団はブリッツェンによってコントロール。逃げの7名は最大3分のアドバンテージを得る。あざみラインに向けてペースを上げた集団はそのタイムギャップを詰めていった。あざみラインの登りに入り逃げ7名は吸収され、小村は完走を目標にマイペースで進んだ。

加藤も登りの入り口からマイペースに切り替え、少しずつポジションを上げ先頭から10'47"遅れの24位でフィニッシュ。

明日の相模原ステージも逃げが決まると予想される。明日も積極的に動いてエスケープグループに加わる走りを期待したい!

登りから少しずつポジションを上げ24位でフィニッシュした加藤

梶塚

色川

マイペースに登る。斜度がきついのでジグザグに登る選手も多い

📷Photo by Kensaku SAKAI

Tour of Japan 第1ステージ 信州飯田

📍Tour of Japan St 1 (Shinshu Iida)

🏁 Neutral3.0km+9.5km+12.2kmX9Laps=119.6km

🚴‍♀️ 79 Riders

45 KATO Ryo 加藤遼

62 KAJITSUKA Rikito 梶塚力斗

63 KOMURA Haruki 小村悠樹

66 IROKAWA Takehiro 色川岳宏

DNF AKITA Keisuke 秋田圭佑

📷photo by Kensaku SAKAI

 

色川、小村が序盤から遅れ、梶塚も中盤に遅れる厳しいレースとなった。秋田、加藤がメイン集団に留まるも、レース後半に秋田が遅れてしまう。秋田は数名の選手と完走を目指したが脱落。後方から制限時間内に完走を目指しペースを上げていた小村、色川、梶塚のいる約15名のグループに付いていけずに、単独で遅れリタイヤとなった。加藤も終盤まで粘っていたが、最後に遅れてしまい45位でフィニッシュした。

  

📷photo by Kensaku SAKAI

秋田のリタイヤは残念だったが、レース後半まで集団に留まることができたのは素晴らしい健闘だったと思っている。経験の浅い秋田は補給やペース配分など小さなミスの積み重ねで結果はリタイヤとなってしまったが、ポテンシャルの高さを垣間見ることが出来たのはポジティフな発見だった。

 

明日の富士山も厳しいコースとなりますが、一日一日全力で戦います。応援よろしくお願いいたします!

サイクリングアカデミーFAQ よくある質問

サイクリングアカデミー参加に際し、よくいただく質問についてお答えします!(5/16追加)

 

🚴‍♀️持参する機材・ベルギー競技規則に則った機材について

Q. 「ホイールはリムハイト40mm以下のみ使用する事が可能(リムハイト40㎜以上のディ―プリムは使用不可)」とのことですが、デュラエースC40などの40mmは大丈夫ですか?

A. C40が何mmあるか分かりませんが(商品ごとにお答えできない)、「実測でリム高が40mm以下」であれば大丈夫です。

 

Q. スペアホイールは持参できますか?

A. 1セットのみでお願いします。

 

Q. タイヤはiRC TIREを使用するとのことですが、元から付けているタイヤは外した方が良いですか?

A. どちらでも構いません。運搬中の保護のためにはタイヤは取り付けたままが良いと思います。

 

Q. 輪行バッグは「折りたためる輪行バッグ/折りたためる箱ケース(段ボール等)で」 とのことですが、シーコンのエアコンフォートのようなものはOK?

A. 運搬や保管の理由から折りたためる物をお願いしています。下画像のように折りたたむことができれば問題ありません。折りたたむことのできないタイプでも今回の遠征に参加する事は可能ですが、別に車両を手配しなければならない可能性と宿舎で保管するスペースの問題があるので、オプション料金が発生します。

 

🚴‍♀️補給食について

Q. 日本から補給食(ジェルやバー等)を持っていってもいいですか?持参しない場合、現地で購入できますか?

A. 持ってきていただいて構いません。ベルギーでも購入できますが、基本的に離れた自転車用品店まで行く予定はありませんので、お持ちいただいた方が良いと思います。

 

🚴‍♀️その他

Q. アカデミー参加に際し、SNS等の投稿は可能ですか?

A. チームの公式発表後は構いません(参加メンバーをリリース後)。ベルギーでも日本でもSNSの投稿は可能ですが、くれぐれもベルギーや日本の法令およびマナー順守の上お願いします。

 

 

Team Eurasia - iRC TIRE サイクリングアカデミー2022募集開始!

チームユーラシア-iRCタイヤ サイクリングアカデミー2022
《男子ユース選手(U17、U19)夏休み期間中の欧州遠征について》

ベルギーを拠点にユースカテゴリーのレース参加をサポートします。サイクリングアカデミーでは、レースに出場するだけでなく、集団内での位置取り、トレーニングの組み方、またトレーニング・レースにかかわらず走行中の事故を低減させるための指導に力を入れています。

募集は締め切りました。たくさんのお問い合わせ・お申し込み・記事のシェアありがとうございました!

 

 

参加カテゴリーについて

U17(2006年1月1日~2007年12月31日生まれ)及びU19(2004年1月1日~2005年12月31日生まれ)のカテゴリーが対象です。

 

スケジュール
インターハイの開催時期を考慮し、7月20日前後出国のグループと8月10日以降出国のグループに分けます。
レース数について、U17は週に2レースまで、U19は週に3レースまでと規則があり、約2週間の滞在でU17は4レース、U19は5レースを予定しています。しかし、Covid-19の影響で、レース数が減っている事とベルギー選手のエントリーを優先させる規則がある事から、予定通りにレースに参加できない場合もあります。可能な限りレースに参加できるよう尽力しますが、ご理解の上、皆さんのご参加をお待ちしています。

🔻現在開催が予定されているレース(ここに掲載されているレースの全てに参加するわけではありません)

 

参加費(参考代金)
30
~40万円

上記代金には約2週間の生活費、活動費(レースエントリー代含む)、航空運賃代金実費(15~25万円)が含まれます(海外旅行者保険、国際ライセンス発行手数料等は含まれていません)。遠征の時期により航空運賃が大幅に変わりますが、最大限効率的、低予算で実現できるよう努めます。どうかご理解いただきますようお願いいたします。


募集人数
7
月出発グループ U17合計4~6名
8
月出発グループ U19合計4~6名

 

申し込み期限
5
月8日 申請書送付依頼期限(メールにて)
5月10日 申請書送付期限(メールにて)

サイクリングアカデミーへの参加は先ずは申請書の請求を行って下さい。参加の可否は「申請書」によりお申し込みをいただいた後に選考を行いご連絡いたします。その後、誓約書へ記入・送付していただき正式にメンバーが決定します。申請書の提出段階では、まだ参加が決定していません。 5月13日を目途に選考の結果をお知らせします。

 

問い合わせ・申請書の請求先
teameurasia2009@gmail.com
橋川宛

 

橋川 健
Team Eurasia-iRC TIRE
 総責任者・監督
UCI
国際自転車競技連盟公認レベル1コーチ
JCF
日本自転車競技連盟強化支援スタッフ

 

協賛
高木秀彰サポートプログラム

iRC TIRE 井上ゴム工業株式会社

 

※この活動は2017年に急逝された自転車専門フォトグラファー高木秀彰氏の「若い選手を応援したい」と言う願いとご遺族の方々や関係者の皆様のご支援による「高木秀彰サポートプログラム」、そして若手自転車選手育成にご支援いただいている「iRC TIRE 井上ゴム工業株式会社」のサポートによりTeam Eurasia - iRC TIREが運営します。

 

 

 

Arden Challenge Day5 Rouvroy

📍Arden Challenge  Day5 (Final) Rouvroy

🏁 45kmX3Laps=135km

🚴‍♀️152 Riders

⛅️Cloudy / Dry
📷all pictures by Kenzaburo Nishimoto


116
位 小村悠樹
DNF 
長川達也
DNF 
梶塚力斗
41
位 橋川丈(🇧🇪EFC-L&R-AGS)

 

🚲タイヤ空気圧

小村: 前後6.7

梶塚: 前後6

前日に落車した留目は手首に痛みを感じたため出走を取り止めた。第3ステージで落車した馬場と体調が戻らなかった西本も出走を控えた。

 

 


📝レースレポート

コースは、スタート直後に道幅が狭い約1㎞の登りがあり、他に2か所山岳賞が設定されている。

 

1周目に約10名が先行。UNO-Xがコントロールする集団では、登りで遅れる選手が出るも、下りでまた一つになることが繰り返された。



2周目のS/F地点過ぎの登りで落車が発生し、小村、梶塚、長川はそれぞれ遅れてしまう。小村はチームカーの隊列を利用しメイン集団に復帰したが、長川と梶塚はリタイヤとなった。

 

 

3周目、橋川を含む10名前後が集団を抜け出し、橋川が3周目2回目の登り3位通過。山岳賞ポイントを獲得した。この逃げにはU23リーダージャージを着用した選手がいたため、総合リーダージャージのUNO-X選手が単独で合流。一時はリーダージャージの選手が2名含まれるエスケープグループになったが、メイン集団に吸収された。

 

エスケープに加わり山岳賞ポイントを獲得した橋川(真ん中緑のジャージ)

 

小村は3周目もメイン集団から遅れたが、下り区間とチームカーの隊列を利用しながら復帰し最後はメイン集団後方でフィニッシュした。

何度も遅れながらメイン集団で完走した小村

 

ステージレースにはアクシデントがつきものだ。そんな中でも4ステージに出走し、全て完走した小村に大きな成長を感じた。


また、橋川はU23  1年目。🇧🇪有力クラブチームEFC-L&R-AGSに所属。このチームはU23チームの中ではトップクラスだ。今回のレースでもコンチネンタルチーム3チームがエントリーする中、スプリント賞ジャージを獲得してしている。このチームで自分のポジションを作り、コンスタントに認められるようがんばって欲しい。

 

次のレースは日本🇯🇵ツアー・オブ・ジャパンです!引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

Arden Challenge Day4 ÉTALLE

📍Arden Challenge  Day4 ÉTALLE

🏁 43.7kmX3Laps=131.1km

🚴‍♀️167 Riders

⁡

70位 長川達哉

125位 小村悠樹

132位 留目夕陽

DNF 西本健三郎

DNF 梶塚力斗

⁡

スタート後10㎞で留目が穴に落ちて前後輪がリム打ちによるパンク。ホイール交換に手間取り約2分停止したのち、審判に見守られながらペーサーで集団を追った。

 

UCI規則上ペーサーは禁止だが、アマチュアレースやカテゴリーの低いUCIレースではコミッセールの判断で黙認されるケースが多い。監督としてチームカーを運転していれば、選手にアクシデントが発生し遅れた場合「集団に復帰させたい」のは当然だが、「どこまでペーサーを使ってもペナルティを受けないのか?」のさじ加減(暗黙の了解的なもの)が、個々の審判の判断に委ねられる。常に他チームの動きを注視し、ラジオツールから流れる審判の警告を聞きながら判断する。

 

このレースはフランス語圏ワロン地方で行われている。他チームの動きを見ていると、アクシデントに限りチームカー隊列の先頭付近まで行っても大丈夫だと判断していたので、留目のアクシデントも警告を受けることなくチームカー隊列の先頭付近まで引っ張り上げることができた。

 

日本人選手の場合、パンク等アクシデントが発生した際、チームカーの隊列を使った集団への復帰がかなり経験不足であると感じる。留目の今回のアクシデントも将来的に良い経験となったと思う。

 

⁡

1周目の登り区間で梶塚と西本が遅れリタイヤとなった。小村、留目、長川は大きなメイン集団のまま最終周回へ。

⁡

ラスト2km、集団前方で落車が発生し留目が避けられず落車してしまう。長川がメイン集団でフィニッシュ。小村はラスト5kmで遅れたが完走。

⁡

レース4日目終了の時点で落車が3回。初日6名、2日目3名、3日目5名、4日目5名、合計19ユニットの参戦数となり、落車率は15.7%。これまでの経験上、落車する確率は1%以下とするべきであり、今回のアルデンチャレンジは圧倒的に多い。まだ若いが故に「落車は仕方がない」のではなく「落車はしてはいけない」と心がけて欲しい。