Team Eurasia-iRC TIRE

🚴‍♀️ロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Jプロツアー 群馬CSC 6月大会

概要
群馬CSCのサーキットを27周回。162㎞。
初めての逆周周りとなる。


結果
25位 小村悠樹
DNF 鳥海祐甫
DNF 鈴木来人
DNF 寺澤アンドリュウ
DNF 色川岳宏

レースの流れ

チームの目標は逃げに乗る事。TOJでは寺澤がエスケープグループに加わる事ができたが、あの時は経験不足が露呈し遅れてしまった。言ってしまえば「準備が出来ていなかった」。
今後のレースにおいては完走している選手には「逃げに乗る」その為の戦略、トレーニングを考え、次に逃げに加わった際には「最後まで残れる」ように、準備を進めていきたい。

小村は複雑なレース展開においても予測を立てながら動けているのは良かった。外れる事もあるが、何よりも予測を立てられるか否か…が最初の関門である。

f:id:teameurasia:20210613202814j:plain

 photo:Kensaku SAKAI

1周半のニュートラル区間の後にレースがスタート。

f:id:teameurasia:20210613203032j:plain

 photo:Kensaku SAKAI

f:id:teameurasia:20210613203215j:plain

3周目の集団落車により色川が遅れてしまったが、那須ブラーゼン、愛三、ブリッツェン、マトリックスの選手等と共に、延々とローテーションを繰り返すことが出来た。幸い怪我も普段できない良い経験が出来たとポジティフに考えたい。

 photo:Kensaku SAKAI

7周目に16名の逃げが決まるまで8分20秒前後のハイペースが続いた。ユーラシアの選手達はこの間、集団後方に固まる事が多かった。
16名のエスケープにはユーラシアからは誰も加わることが出来なかった。

f:id:teameurasia:20210613203550j:plain

チームで流行っている補給食は「みかん缶」  昭和にレースの選手にとって定番の補給食でした。

 photo:Kensaku SAKAI

 


有力チームがエスケープに加わっていた事から、集団のペースは一気に落ち、エスケープグループとのタイムギャップは4分半まで広がった。

9周を完了時からブリヂストンが集団を牽引し、メイン集団のタイムは8分30秒に上がり、タイムギャップは2分半にまで縮まった。
しかし、17周回目にブリヂストンの牽引が終わった事により、集団は活性化しアタックが繰り返される。

そこから20名の追走集団ができ、ここに小村が加わった。

f:id:teameurasia:20210613204030j:plain

photo:Kensaku SAKAI

 


先頭集団ではアタックがおき4名が先行し、最後まで逃げ切った。
追走集団のなかでも細かいアタックは起きていたが、ペースが落ちる事はなく5位以下の集団スプリントとなり、小村は25位でフィニッシュした。


小村によるレポート
2021/06/13 JBCF群馬RR

Cat: P1

Course:群馬CSC

距離6km*27laps=162km 獲得標高2500m

使用タイヤ:Formula pro RBCC空気圧F:7.6bar R:7.5bar

Result:25th

今レースの目標

1. 前半、中盤、後半で3回ほどの逃げができるという仮定で中盤の逃げに乗ること。

2. 逃げの中で足を見せながら休むこと。そのために引くところ休むところをきちんと分けてレースをすること。

レース内容

1.5周のニュートラルが解除された後3周目のポイント周回に向けた動きがあった。この動きはポイント周回で吸収と考えていたのでスルー。自分の居た位置は動きが非常にギクシャクしている割に流れが無く(周りの面子がずっと同じ)で、いつ落車が起きてもおかしくない状況だったため、無理な割り込みなどを回避するために少し後ろから全体の様子を見て、スムーズに流れている列を探して入ることにした。結果周目には前よりの中盤まで上がれた。ペースが緩かったわけでは無いが、積極的に動いてる選手が決まっていて、人数が多いことと集団の空気から前半に大きめの勝ち逃げが決まると予想したので自分も動く方向にシフトした。5周目では前が見えてきていた事と追走にでた選手がいたので、自分も追走に入り、前に追いつくも人数が多く回らずに半周ほどで吸収される。このカウンターは確実に決まると考えたため入れるように準備を始める。下りで入部選手がアタックし、数名乗っていくのが見えたので登り区間でブリッジを掛けようとしていたが、横から上がってくる選手に飲まれアタックできず、逃してしまった。自分がやらなければならないことが決まっていて、タイミングを見ていたので、こういったミス?はなくしたい。

逃げが決まり集団が緩んでしまい、有力チームがほぼすべて乗っかってしまったため、非常に焦った。ありがたいことにBSがコントロールに入ってくれたことにより、冷静に状況を見直す機会を得れた。

ここで考えうるプランは

1. タイム差が詰まったところで追走が出る

2. 前が崩壊し、集団が一つになり仕切り直しになる

2案はネガティブかつ可能性が低いので基本的に1で考えてレースをはしることに切り替えた。途中から監督からローテに入れと指示があったが誰も上がらないので自分が上がり、そこでチームメイトを待つことにした。結果として2.3回短めに牽き下がっただけなのであまり良くない動きだったと思う。またその動きの後にブリッジを掛ける動きがかかり乗っていった。これも前に追いつくことは無かったが良い動きだったと思う。この動きの中で無駄に牽く、動く事が多かったのでそこは冷静になるべきだと思った。その後もいくつかアタックがかかるがめぼしい動きにはならなかった為、残った脚でどうすれば5番争いの集団に追いつくか考えながら走ったが、結局他チームのコントロールする集団の中で何も出来なかった。最終的には愛三の牽引により5番争い集団に追いつくもののそこから自分も一緒にブリッジを掛けることが出来ず、踏みなおすも手遅れだった。脚力などの多くの問題もあったが、ついていけるいけないの前に動く事が出来なかった事が心残りだった。

今後のレースに向けて考えることは後半の高出力の出力が悪い事と無駄に風を受けたり、冷静さを欠いてしまった部分で脚を貯めていく事である。また練習からこだわってやっていきたい。

橋川コメント
追走集団が出来た後…
「この動きの中で無駄に牽く、動く事が多かったのでそこは冷静になるべきだと思った。」
とあるが、あの追走集団の中で「追わなくてはいけないチーム」は当チームとレオモなわけで(追いたいチームはまた別として)、そこで脚を使った事は結果だけを求めればネガティフかもしれないけれど、他チーム、選手からの評価を得る という面ではポジティフだと思う。

動かなくてはいけないときに動かない選手は「選手」として認められない。

また、レース中の思考もストーリーをきちんと考え、予測し、修正しながら走れているのは何より素晴らしいです! それによって、勝ち逃げには乗れなかったけれど、レースの展開に加われているのは「偶然」や「まぐれ」では無い事を示しています。
このようなレースを続けていければ、近いうちに勝ち逃げに乗れます!

Tour of Japan 2021  第3ステージ 東京

メイン集団でフィニッシュ
小村
湯浅
鈴木
寺澤

個人総合成績
22位 湯浅博貴 +9'08"
23位 寺澤アンドリュウ +9'54"
33位 小村悠樹 +17'34"
57位 鈴木来人 +29'00"


1周7㎞の大井ふ頭周回コースを16周。

スプリンターがいないチームユーラシアの目標は逃げに乗る事。ただ漠然とアタックするのではなく、逃げたいチーム、追いたいチームの戦略を考えながら2名以上の動きには積極的に反応するが、集団が追走を仕掛ける場面では待つ、という事を指示した。

 


東京ステージ前夜にはマトリックスの安原監督と選手達のご厚意で、若い選手がどのようにして集団内で走るべきか?マンセボ選手によるレースに対する心構えなどご教示いただいたので、それを実戦していく事も重要な課題である。

f:id:teameurasia:20210531093920p:plain



スタート直後から入部選手のアタック、これに小村が反応。しかしすぐに吸収。

f:id:teameurasia:20210531094032j:plain

 

その後も小村を筆頭に湯浅、鈴木も再三にわたりアタックに加わるが、集団が容認せず大きなタイムギャップを稼ぐことは出来ない。

 

さらに小村が動くが決まらない。

f:id:teameurasia:20210531094138j:plain

 

また違う動きに反応する小村。小村の動きは、それぞれ良いメンバーが反応している事を思えば、どれが決まってもおかしくはない良い判断だった。

f:id:teameurasia:20210531094430j:plain

 

鈴木来人はレース後「5回くらい反応したのですが決まりませんでした。僕が行った後のカウンターで川野選手がアタックして決まってしまった…」と、悔しそうに、しかしどこか嬉しそうに語ってくれた。

f:id:teameurasia:20210531094818j:plain

 

アタックに反応し集団を抜け出す湯浅と寺澤。

f:id:teameurasia:20210531100626j:plain

 

 

レースにおいて集団内で「チームでまとまる」事は基本である。そこから個別にさまざまな戦略と課題があり別々に行動していく。いつもなら集団内で焦って無駄に競り合いながら良いポジションをキープする事を考えていたが、マトリックスさんから「展開やコースによって休むときは休む…」と教えていただいた後では、集団後方にいても余裕が感じられるようになった。

f:id:teameurasia:20210531095142j:plain

 

 

レースが動いたのは、中盤過ぎに鈴木が反応したアタックのカウンターで小林選手(マトリックス)、岡本選手(愛三)、渡邊選手(那須)、横塚選手(右京)川野選手(弱ぺ)の5名が先行。

この5名はタイムギャップを1分近くまで引き離す。ラスト20㎞、先行の5名から川野選手と小林選手が先行。20㎞で1分以下のなので、区間優勝を狙うチームの追撃により潰され集団スプリントになると思われたが、集団は動かず。2名は逃げ切り、川野選手がスプリントを制し優勝した。

 

 

選手達は3日間を通し、成績を残せませんでしたが「積極的にレースを走り成長できた」と感じます。そして「ダメな部分」も露呈しました。

ツアー・オブ・ジャパンの開催にご尽力いただいた主催者・大会関係者の皆様、井上ゴム工業株式会社とスポンサー各社の皆様、会場やオンラインを通し応援してくださったファンの皆様、一緒に現場で仕事をしてくれたメカニック成田さん、マッサージャー金田さんに心から感謝致します。本当にありがとうございました。

この選手達と共に結果を残せるチームへと成長していきたいと改めて感じました。今後ともご声援をよろしくお願い致します。

 

チームユーラシア-iRC TIRE監督 橋川健

f:id:teameurasia:20210531101801j:plain

 

Tour of JAPAN 2021 第2ステージ

Tour of Japan 2021

第2ステージ相模原ステージ

湯浅17位+1'35"
小村34位+2'24"
寺澤38位+2'49"
鈴木63位+8'01"

レースは相模原市橋本公園をスタート。宮ケ瀬ダム周回コースまで11.9㎞を走り、1周13.8㎞を7周回。


富士ステージでトラブル続きだった寺澤は前日のミーティングで「大人しく集団で走りたい」と言っていたが、課題として「前半からの逃げに乗る」事を指示した。小村と湯浅は「後半の逃げに乗りたい」と言っていたが、小村も前半からの逃げに加わり、湯浅は後半の逃げに加わる事とし、まだキャリアの浅い鈴木は完走を目指す事、以上をチームの目標とした。

 

レースはスタート直後からアタックが繰り返され、ここに小村も反応する。良い先行グループができ小村も合流するが、集団がすぐ後ろに迫っていた事で踏むのを止めてしまう。しかし、一緒に先行した数名はそのまま踏み続け、このアタックが起点となりレースが活発化していく。

 

逃げグループは僅かなタイムギャップのまま先行し続ける。周回コースに入り最初の「オギノパンからの登り」で、湯浅と寺澤が二人で会話をしている際に数名が追走に入った。湯浅がすかさず「右から行けば決まるよ」と指示を出し寺澤が反応。更に数名が加わり直ぐに16名の逃げが決まった。メンバーは右京/小石・横塚、キナン/畑中・山本元喜、マトリックス/ホセ・安原、弱ぺ/入部、ブリヂストン/沢田、京産大/小出、ユーラシア/寺澤、日大/仮屋、JPN/平井、那須/谷・渡邊・佐藤、宇都宮/小野寺。愛三、大分、静岡以外の有力チームが加わりタイムギャップを広げていく。

 

16名の中で総合成績が最も良いのが那須ブラーゼンの谷。2分51秒遅れの個人総合7位。右京の小石も2分57秒遅れで8位につけている。小出は3分以上のギャップで逃げ切ればU23個人総合時間賞を獲得する事ができる。

 

先頭グループはタイムギャップを5分以上に広げ、逃げ切りが濃厚となった。

 

ラスト2周、総合で逆転を狙う小石、同じくU23個人総合で逆転を狙う京都産業大学の小出、区間優勝を狙う畑中など先頭グループでアタックがおきペースが上がる中、寺澤が遅れてしまった。

 

16名いたエスケープグループは8名まで人数を減らしながらメイングループに1分30秒のタイムギャップを稼ぎ逃げ切った。最後は4名のスプリントをマトリックスのホセビンセンテトリビオが制した。

 

湯浅がメイン集団で17位、小村はメイン集団から50秒遅れの38位、寺澤38位、鈴木来人が63位でフィニッシュした。

 

東京ステージでは更に積極的なレースをしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

f:id:teameurasia:20210530065010j:plain

16名のエスケープに加わる寺澤。昨年までJBCFでE3を走っており、JPTでもエスケープに加わった経験が無い。湯浅のアドバイスによりエスケープに加わる事が出来たのは大きな経験となった。

 

f:id:teameurasia:20210530065020j:plain
レース中盤、小村がジャパンの選手とメイン集団からブリッジを試みるが逃げに加わる事は出来なかった。

 

f:id:teameurasia:20210530065318j:plain

多くの経験があり、チーム内で指示をだしながら走る湯浅。


f:id:teameurasia:20210530065256j:plain

 メイン集団からは遅れてしまったが、無事に完走した鈴木。

写真提供 ファブトローニカメラ

Tour of Japan 2021 第1ステージ

2021 Tour of Japan

第1ステージ富士山

24位(8位) 寺澤アンドリュウ
27位(10位) 湯浅博貴
36位(14位) 小村悠樹
54位(21位) 鈴木来人
DNF 色川岳宏
( )内はU23順位


レースは1周13㎞の周回コースを4周し、富士山の5合目となるあざみラインの頂上(約50分の登り)がフィニッシュとなる。

チームの戦略的としては、チャンスがあれば鈴木、色川がエスケープに加わり、寺澤、湯浅は温存し、最後の登りに向けて、鈴木、色川、小村が寺澤、湯浅を集団前方に引き上げる戦略を取った。
色川はレース序盤にメカトラブルで遅れDNFとなった。
色川が遅れサポート選手が減った事で湯浅が自らの判断で寺澤のサポートに回った。

登りに向かうところで4名が集まり、鈴木、湯浅、小村が前にあげる為の動きを見せたが、寺澤が上手く反応できずにホイールを破損させてしまった。ここで、小村が寺澤とバイクを交換。
寺澤、小村はここで遅れてしまった。
寺澤は小集団にはおいつくものの、先頭集団からは離され、先頭から8分40秒遅れの24位でフィニッシュした。
湯浅は9分8秒遅れで27位。小村が16分49秒遅れで36位、鈴木が22分34秒遅れで54位だった。

明日はアップダウンのある相模原ステージ。積極的な走りを期待したい。

f:id:teameurasia:20210528232329j:plain

 

東日本ロードクラシック 150㎞ 群馬CSC

東日本ロードクラシック 150㎞ 群馬CSC
優勝は窪木一茂選手(ブリヂストンサイクリングチーム)。
チームユーラシア-iRC TITRE は小村悠樹が5分14秒遅れの34位で唯一の完走でした。
小村は「消極的な走り」をすれば、もう1つ、2つ前の集団でフィニッシュする事も可能だったかもしれませんが、動く事で多くの事を考え、実行し、またレース後に思い返し…新しい経験を積む事ができたのは、今後のレースキャリアの中で必ず必要なステップを踏むことが出来たと思います。
チーム全体を通せば、結果から言えばいつもと変わり映えの無い成績に見えますが、各選手、全体的に集団内で前方に位置取る時間が増え、アタックに反応する回数が断然増え、ここ数週間のトレーニングの成果が表れ始めているように感じます。
「ALL Pictures by FABtroni+Camera Kensaku Sakai」

f:id:teameurasia:20210425072815j:plain

まだレース序盤ですが、全員が集団前方にまとまり、

アタックに反応する意識を持てた事は大きな収穫でした。



ただ、本当に結果が表れるのは、「狂気的なトレーニング(でも、理論に添った…)」を今後継続させていく必要があります。




小村悠樹のレポート

2021/4/25 JBCF東日本クラシック

カテゴリー:P1

会場:群馬CSC

距離6km*25laps=150km 獲得標高2365m

使用タイヤ:Formula pro RBCC 空気圧F:6.5bar R:6.4bar

Result:34th

 今レースの目標

1. レースを見渡す。視野を広く持つ。

2.レースに加わっていく。

3. 集団内を縫うように走る。

内容

距離も長いが、前半から逃げに乗ることやしっかりアクションを起こしていくためにしっかりアップをした。そのおかげからか2周目程から前に上がり動くことができた。

f:id:teameurasia:20210425073304j:plain




前半は掛け合いのような展開となり厳しいと感じるときも多かったが、そこからアクション出来たことは自分自身良かったと考えている。150kmという距離を鑑みて集団がすぐに逃げを容認してくれる、という見込みは甘かった。また中盤~後半で動いたときは捨て身になってしまった部分はあったが、レースに参加していくという部分で良いアクションができた。自分が動いたときに一緒に動いていた選手を考えても自分の中で展開を考えて、アクションを起こすことも出来ていたと思う。

f:id:teameurasia:20210425073412j:plain







位置取りの技術的なことに関してもコース幅などもあるが他の選手の間に入りブロックすることや隙を見せない動きができるようになってきた。様々な面で成長?していると感じている。

 

f:id:teameurasia:20210425073440j:plain

 

 

しかしながらジャパンの選手や他の選手は自分よりも動いたうえで最後まで勝負していることため今後も負けたときに悔しいと思える練習量でレースに臨んでいきたい。そして今回最も収穫だと感じたのが、勝負所を知ることができたということは自分にとっては財産だと思う。今後はそこで千切れるではなく勝負に加わっていくことを考えていきたい。

 f:id:teameurasia:20210425073529j:plain

 

 

 

 

f:id:teameurasia:20210425073629j:plain

DNFに終わったが、トレーニング量も増えその成果が徐々に表れている積田

 

 

 

f:id:teameurasia:20210425073515j:plain

今回はDNFに終わったがレースの半分は集団前方で走る事ができた鈴木来人。長い距離のレースに対応させるのが今後の課題だ。

 

FBのクイズの答え
1枚目の写真にTeam Eurasia-iRC TIREは何人いるでしょうか?
?
?
?
?
?
正解 9名
?
?
?
?
選手8名+監督です(笑




 
 
 

広島さくらロードレース Day2

146㎞
参加選手
小村 寺澤 積田 鈴木 古林 高田 相野 鳥海
全員がリタイヤ

 

スタートから雨。
iRC のタイヤはウェットに強いのだが、グリップだけでなく、集団の密度、前の選手が跳ね上げる雨、狭くなる視界、様々な要素が絡む雨天のレースに慣れていない選手達は、昨日のレースの疲れもあり、ハイスピードとなった1周目に小村、鈴木を残し、全員が遅れてしまった。その小村も早々に遅れ、鈴木もレース中盤に遅れ8周目に入ったところで降ろされてしまった。

昨日は4名が完走したが、タイムアウトとなり、4名が失格(FAD Finish And Disqualify )となりましたが、「確実にステップアップしている」評価は変わりません。

「完走がやっとの選手達」にとってDay1で全力を出し切って最後まで走り切った選手達にとってはDay2は過酷なレースとなりました。確実にステップアップはしていますが、まだまだ底辺を走っています。

f:id:teameurasia:20210329054852j:plain

レース途中、他の選手と共にメイン集団から離れてしまったが、多くの選手が自転車を降りる中、最後は一人で走り続けた鈴木。1月に肉離れを起こし、コンディショニングが遅れているが、確実にステップアップしている。

広島さくらロードレース Day1

JPT 第3戦 広島さくらロードレース

播磨中央公園で行われた 第1戦は完走者1名、第2戦で2名。
今回第3戦は4名の完走。
(3月29日 訂正 4名は完走しましたが時間制限~優勝タイムより8%により失格となりました。)

東北、北陸で生活する選手達にとって、Jプロツアーのレベルで戦う事を思えば、3月のレースはまだ十分にコンディションを上げる事が難しいと感じています。
結果だけ見れば納得のできる成績ではありませんが、コンディションを上げてきている事と、集団内の位置取りなど第1戦、第2戦より大きく向上している事が確認できたレースでした。

特に、2月に肉離れを起こし、大きく遅れていた鈴木がレース終盤までメイン集団に残り、ジュニアの鳥海は使用できるギアが14トップながら完走した事に大きなステップアップを感じた。

小村は1周目に単独で落車で遅れ、寺澤はメイン集団に残っていたものの、チェンを落とし遅れてしまった。彼らの今日の走りを見る限り、「闘える」手ごたえを感じています。

明日の第4戦 広島さくらロードレース ではもう一歩踏み込んで 積極的なレースを期待しています。

59位 鈴木道也 +9'15"

60位 寺澤アンドリュウ +9'51"

61位 鳥海祐甫 +10'30"

64位 小村悠樹 +10'34"



 

 

f:id:teameurasia:20210327191245j:plain

レース終盤遅れたものの 完走した鈴木は順調に回復している

 

 

f:id:teameurasia:20210327191239j:plain

ジュニアギアでハンディを背負いながら完走した鳥海。自信を持って明日のレースに臨んで惜しい。