Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

f:id:teameurasia:20201015164014j:plain

井上ゴム工業(株)の皆さん(の中に溶け込んでいる大町健斗)と参加選手


10月10日 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップDAY1は
台風の影響でE1 及びE2カテゴリーのレースがキャンセルされました。

10月11日 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップDAY2ではコロナ禍においてレース数が減ってしまった学連と高体連の選手を、井上ゴム工業(株)様サポートの元ユーラシアに登録しレースに参戦するプログラムを行いました。レース翌日にはZOOMでレースの振り返りを行い、レースに参戦しただけでなく、経験を積めたのではないかと思います。

 


経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ DAY2
Y 6位 中谷研斗(北海道)
Y 8位 鳥海祐甫
Y 13位 相野晴(北海道)

E3 13位 福嶋聡史(一橋大学)
E3 24位 新田涼介(東京大学)
E3 33位 寺澤アンドリュウ
E3 DNF  加藤遼(東京工業大学)

 

f:id:teameurasia:20201015164253j:plain

 2周目に完成した8名の逃げグループに加わり、全て順調に見えた寺澤だったが、まさかのメカトラ…ラスト9周を独走したものの、完走した…彼のレースはいつもエキサイティングで目が離せません!


f:id:teameurasia:20201015164305j:plain北海道から来た中谷君。積極的なレース内容で6位に入賞した。

f:id:teameurasia:20201015164315j:plain

相野君も北海道からの参加。本土のレースに参加するのも労力的にも金銭的にも大変だ。13位でフィニッシュした。

 

 

f:id:teameurasia:20201015164337j:plain

東京工業大学の加藤君。iRC TIREチャレンジでは名前を知っていたが、初対面。

f:id:teameurasia:20201015164737j:plain

東京大学の新田君は24位でフィニッシュ。彼もiRC TIREチャレンジの常連で初対面だった。加藤君とも初顔合わせだったらしい。

f:id:teameurasia:20201015164748j:plain

ラスト3㎞でアタックするもラスト1㎞で吸収された一橋大学の福嶋君。自転車ロードレースのキャリアが少ない中で戦略を事前に練り、実行できたのは素晴らしい判断と行動力だった。成績以上の経験を積んだことは間違いない。

f:id:teameurasia:20201015165231j:plain

8月はフランスのレースを転戦し期待された鳥海(8位)だったが、腰痛により不発に終わってしまった。来季に向けてもう2ステップ強くなる事を期待したい。

広島森林公園ロードレース DAY1 大町 E1優勝!

チームユーラシアはジュニア1年目の選手からU23 4年目の選手まで所属し、それぞれの選手はプロを目指し、機材や活動費のサポートを受けている。

少なくとも練習時間に関して言えば「プロと遜色ない」ほど恵まれているし、機材に関しても十分以上に実力を発揮できる機材を使わせていただいています。

そこで、仕事をしている、もしくは高校生が多く参加しているエリートツアーへ参加する事に自分でもそれが正しい判断だとは思わないが、現実問題として、今回エントリーしているレースが選手達に用意されたカテゴリーである。

実際に大町のE1での優勝や寺澤のE2E3での2位、もしくは古林のE3,E2での連勝など、その結果=数字が評価に値するものかは分かりません。
同性代の選手達がこれまでに残してきた海外での成績や、現在進行形でのJPROツアーの走りと比較した場合、もしくはこれまでの各選手の走りや今後の目標を考えた場合、今日のエリートカテゴリーの数値だけを見ても、うかうかしてられない…と言うところが正直なところです。

しかし、レースの戦略を練り、チームメイトとコミュニケーションを取りながら判断し、レースを組み立てながら実行し展開していく事は価値があり、この経験は後の選手としてのキャリアにとても重要な経験として残っていく…と思えば良い経験となるのかなと思います。

寺澤もE2E3で勝てるだけの足がありながら、それでも勝てないのは一言で言えば経験不足。まだ勝てないという事はE2E3カテゴリーでやり残したことがあるという事なので、それぞれの選手は個々の課題、目標に取り組み成長していく事を願っています。

f:id:teameurasia:20200830135556j:plain

群馬を走る寺澤アンドリュウ


前置きが長くなりましたが
E1 1位 大町健斗
E1 13位 花田聖誠
E1 DNF 吉岡拓也
E1 DNF 古林一夢

E2E3 2位 寺澤アンドリュウ
E2E3 25位 鈴木史竜


花田聖誠によるE1レポート

JBCF 広島森林公園ロードレースday1
クラス: E1
13位/37名出走

スタート後、5分間のニュートラル区間を終えリアルスタート。しばらくしてチームメイトの大町選手と、天野選手(VC VELOCE)の2名が抜け出る。

2周目後半の3段坂で天野選手が遅れ、先頭は大町選手が単独。その後、3段坂頂上付近でペースが上がり後に大町選手を吸収。

4周目のホームストレートで抜け出しを試みるが失敗。

その後レース中盤に7名が抜け出た。3段坂の中盤でペースが緩んでしまいタイム差が30秒程まで広がる。集団にいたチームメイトに展望台の登りで追うと伝えると、古林選手から足がキツくこの先残れるか分からないから、牽くといわれ、集団の前に出て牽引してくれた。その後、途中集団から少し先行していた3名をパスし、展望台の登りまで牽いてくれて、その展望台の登りで抜け出したが登りだけで追い付く事は出来ず、下りの途中で前の7名に合流し8名に。

8名のままホームストレートを通過。しかしその後の下り区間でペースを上げた集団に吸収。

6周目の前半の下り区間で4名が抜け出る。3段坂で30秒と表示されたので、3段坂の中盤で集団から抜け出し追走し展望台の登り頂上で合流。5名で先行し1分差まで広がったが、次の周の3段坂の展望台の登りで吸収。

残り3周で5名が抜け出る。タイム差30秒程広がってしまったので、かなり焦ってしまい、集団の前に出て牽く。

残り2周の3段坂手前で先行していた全選手を吸収。その後のタイミングで大町選手が抜け出る。下り区間で一瞬追い付いたが、再度大町選手が踏み直し独走に。

残り1周で大町選手が独走で通過しその後、集団が通過。ホームストレート先の下りで西本選手(八王子桑志)が抜け出したがここまで、足を使い過ぎてしまい反応する事は出来ず。

結果、大町選手は独走でゴールまで行き優勝。自分は集団の最後尾でゴールした。


今回のレースでは、前半から中盤に掛けて動き過ぎてしまった。自分の中で、逃げに乗ると言う事を強く意識しすぎてしまい、肝心な所で動く事が出来なかったです。もう少し、レースを冷静に見て進めていく必要がある事を改めて感じました。
途中にチームメイトとのコミュニケーションも上手く出来ず、もう少し上手くできていれば、自分自身ももう少し上の順位を狙えたかもしれないです。
明日は60kmと距離は半分となりますが、その中でも自分の脚質をいかし、優位に進めて行けるようにしていきたいと思います。
花田

f:id:teameurasia:20200901004526j:plain

ジャパンの代表チームで西日本クラシック JPROツアーカテゴリーを走る花田
 




E2/E3 寺澤アンドリュウによるレポート
JBCF 広島 DAY1
寺澤アンドリュウ
・コンディション
・9月26日土曜日
・天候;晴
・気温;20度
・タイヤ;IRC RBCC FORMULA PRO
・ホイール;GOKISO
・レース内容
 一周約12kmx7のコース。2月の合宿で走ったことのあるコースだったためコースはある程度
把握していた。
 スタート位置は集団後方より。ローリング中も冷静に集団中盤に位置を取った。
 アクチュアルスタート後、前回の群馬戦の反省を生かし最初から先頭に出ることなく徐々に位
置を上げていった。
 2周目前半の降りコーナーの際、自分の後ろで落車がありそれによって20人ほどに先頭集団
が絞られた。そのため2周目はペースが上がり集団に緊張感があったように感じた。
 この集団に城南高校の選手が4名ほどいて集団を完全にコントロールしていた。
 自分はちょっとしたアタックに過剰に反応してしまうという神宮外苑クリテの時からの課題が
全く改善されていないことに途中で気づきレースの後半では冷静に逃げを観察して追うべきか見逃
すべきかを判断することができた。
 そのため、前半3周ほど三段坂を先頭を引くことが多かったがレース後半は三段坂は休む区間
だということを意識し先頭に出ることを控えた。三段坂を利用してゼリーなどのエネルギーを安
定して補給することもできた。
 ラスト3周の三段坂で城南高校の選手がアタックをかけ、三人の逃げが決まった。自分は最初
その逃げには反応しないつもりだったがペースが明らか速かったため三段坂の最後の坂を利用して
差を縮めてその後の下で踏み、追いつくことができた。
 最初集団との差は15秒ほどだったが最終周回に入る前には1分の差を作ることができた。
 ラスト1周は目立ったアタックがかかることなく三段坂に入り、三段坂の最後の一段でアタッ
クをかけたが決まらず失敗してしまった。
 その後そのままのメンバーでホームストレートに入り、ラスト300mで自分と城南高校の鎌田
選手のスプリント勝負になった。
 結果僅差で負けてしまい2位だった。
・まとめ
 今回のレースでは前回の群馬よりも余裕を持って状況を判断しながら走ることができた。
ラストのスプリントでは満足のいく結果は残せなかったが掴めるものが多かった。
明日のレースでは展開が変わってくるはずなので確実に優勝できるようにしたい。

2021シーズン 選手募集のお知らせ

Team Eurasia - iRC TIRE 2021 選手募集

 

チームユーラシア iRC TIRE では2010年よりヨーロッパのレースを中心に若手選手の育成とレース活動を行ってまいりました。

2021シーズンも欧州で「若手選手の育成、プロ選手の輩出、ユース選手を対象にしたサイクリングアカデミーの開催、選手の自立支援」等のサポートを継続していきます。

これまでの欧州での活動に加え「国内を拠点とする選手」のサポート(欧州遠征、国内レース参戦;福島を拠点に15~20レース前後参戦する計画です、機材サポート等)を行います。

そこでチームに所属する選手を募集します。

大学生も可能です(採用となった場合は所属する大学からの承諾が必要です)。

 詳しくはお問い合わせください。

 

条件
1996年1月1日~2003年3月31日に生まれた男子

締め切り
2020年9月30日(水)

以下のメールアドレスに氏名 生年月日、レース成績(大会名、日時、カテゴリー、順位等)自己PRを書いてご連絡下さい。

申し込み及び問合せ先

teameurasia2009@gmail.com

f:id:teameurasia:20200923170540p:plain

2010年 初戦 左より中根、伊藤、中山、竹ノ内 外勢。

f:id:teameurasia:20200923170731p:plain

2013年 左寄り小石、雨乞、クリスラテㇺ、ジョージアトキン(UKナショナルチームとのコラボ)、菱沼、小森

f:id:teameurasia:20200923170859p:plain

左寄り中井(兄)、中里、鈴木(龍)、ジェームススプラッグ、雨乞、吉岡

f:id:teameurasia:20200923171027p:plain

2016 サイクリングアカデミー

f:id:teameurasia:20200923171113p:plain

2018 ツールド熊野



AACA 長良川

AACA 長良川 3.5㎞X30Laps
花田聖誠 集団で完走


鈴木史竜 集団で完走

「スタートからアタック合戦がかかり、位置をあげつつ徐々に参加していく。しかし、皆が逃げたい形で、なかなか決まらない。特に、集団がキツくなってくる雰囲気を感じて、自分も動く回数を増やしたが、1時間以上大きな形で逃げは形成されなかった。自分もキツい状態が続き、アタック後に集団後方まで一気に落ちて、少し休んで戻るような時間もあった。

アタックの後、自分が少し後ろに下がってしまったようなタイミングで逃げが行き、集団が止まった。」


吉岡拓也 集団で完走

「序盤はアタックしていたが、このタイミングでは逃げは決まらないと考え、途中から脚を休めることにした。
10周過ぎに逃げがそろそろ決まるかも、と思いアタックできる準備をし、単独で逃げるキナンの選手に追走をかけた。自分に反応したヒンカピの選手と共に3名の逃げに加わることが出来た。」

 

鈴木は「逃げが決まるかも…」と思いながら動き続け、自分がきつくなり集団後方に下がったら逃げを逃してしまった。同じく吉岡もスタート直後から動いていたが、「このタイミングでは逃げは決まらない」と考え、途中から脚を休めることにし、10周過ぎの逃げが決まるタイミングを逃さなかった。
レースを走る際に「よく考えろ」と言われる選手は多いと思う。
実際にレースを走っている時は考える事が多過ぎて、何を優先に「考える」べきか分からなくなる。

先ず基本はレースの出走前に「展開を予想」
出走者数
出走メンバー
コースプロフィール
天候
距離
レースのカテゴリー
自分のコンディション
などから、スタート前に大まかな戦略を考える。

スタートして自分が考えた通りの展開になっていくのか?
展開が想定していたものとならない場合は、修正を繰り返していかなくてはならない。

吉岡は序盤に修正を行い、逃げが決まるタイミングを見逃さなかった。と言うより吉岡も自らレースを動かした選手の一人であったことは素晴らしかった。
吉岡に反応したプロ選手がツキイチとなり前に出ることが出来ないほどの先頭固定で前に追いつき、後に足を使い果たし先頭集団から千切れて結果は残らなかったとしても、「レースを動かした」事は素晴らしい走りだった。
本人は納得がいかないかも知れないけれど、これからも躊躇せずにガンガン行って欲しいと思います。こんなレースを何回かやっているうちに「コツ」を掴めるようになるはずです。

f:id:teameurasia:20200921201821j:plain

Picture by Kensaku Sakai 本レースの写真ではありません。

SAINTE EUSOYE (Fr 2,3,Jr)

1周5㎞のサーキットを20周。1周毎に55m登り、フィニッシュ前は高低差30mの丘がある。しかし、下りからの惰性で多くの選手はアウターのままクリアしていた。

前半から登りでエスケープを決めようと多くのアタックが繰り返されたが、想像以上に集団で流れるコースプロフィールで、多くのアタックは集団に飲み込まれた。
レースも後半に入ったところで、6名が飛び出し、さらに6名、ここに10数名が加わり、20数名の先頭グループができた。しかし、ここに加わる事ができず、後続の集団で先頭でフィニッシュした。
エリートやU23の選手と混走でレベルはそこそこ高いとはいえ、「逃げに乗る」という、単純明快な課題をクリアできていない。
後続の集団で頭を取る事よりも先頭集団でビリを目指して欲しい…

鳥海によるレポート
~~~~~~~~~~~~~~~~~
SAINT EUSOYE 2/3/J
結果22~27位のどれか
天気は晴れ、気温25度以上の
中行われ、スタート地点から
すぐのコーナーを曲がってか
ら細い農道を通りその後少し
住宅街を通ったあと一気に下
ったあと登る1周5kmのコース
を20周回るレースでした。
1周目は前から2番目あたり位
置についてそのままゴール前
の登りに入ったのですが登り
で番手を落としてしまいその
まま2周目に入り、農道が終わ
った後下りに入るまで少しだ
け住宅街を通るのですがそこ
で番手をあげるもまた登りで
下がってしまう事の繰り返し
でしたが4周目で前に出れた時
アタックをしたのですが失敗
に終わりました、その後大き
な逃げができそのまま行かせ
てしまい追おうとするも自分
の足がいっぱいいっぱいだっ
たり他の選手と強調出来なか
ったりしてその逃げに入るこ
とは出来ませんでした。その
後ほかの選手の動きが少しあ
るもその集団のまま最終周回
に入り自分は最後下りで抜け
出して集団先頭でゴールに入
りました。
1~2分の高い強度を繰り返せ
ることも課題だと思うのです
が、アタックする決定的なタ
イミングを見極める技術が必
要だなと思いました。しっか
りと回りを見極めて今後は動
いて行きたいと思います。

f:id:teameurasia:20200919175848j:plain

f:id:teameurasia:20200919175854j:plain

f:id:teameurasia:20200919175907j:plain

優勝したブラニャックの選手。一昨年まで渡邉歩選手が所属していたチームだろうか?


 

JBCF 舞洲 クリテリウム 古林がE1へ昇格!

古林 一夢が優勝!

前回の広島でのE3優勝は自分でも展開していけなかった反省がありましたが、今回のレースは自らレースを作り、力を見せつけての優勝でした!

次回からE1へと昇格となりますが、広島は交流戦となるのでJProカテゴリーでの出走です。着実に強くなっている古林がどれだけ走れるのか期待と共に楽しみにしています!

f:id:teameurasia:20200907204744j:plain

写真はE3カテゴリーで優勝した広島での写真です

古林によるレースレポート

~~~~~~~~~~~~~~
JBCF舞洲クリテリウム E2
日付 : 2020/09/06(日)
場所 : 舞洲スポーツアイランド
天気 : 曇り
距離 : 850m×25周 21km
出走 : 28名(完走21人)
結果 : 優勝
〜目標〜
・無落車
・積極的な展開をする
・優勝しE1に上がる
〜レース内容〜
スタートして散発的なアタックがかかるもなかなか決まらなかった。5周目に入り第2コーナーの立ち上がりで集団が止まったためすかさず自分がアタック。誰も反応することがなく一気に差が開いた。その後鈴木さんが集団を抑えてくれていたこともあり集団とは20秒差近くまで開き若干の前後はあったものの一定の間隔で逃げ続けた。7周に1回周回賞があり3回目の周回賞をとった後に集団に吸収され、それと同時に鈴木さんがカウンターで飛び出した。集団が必死に追いかけ縦に伸び、それのおかげで他の選手に足を使わせることができ、尚且つ自分は足を使わずに済んだ。残り1周に入ったタイミングで同じ石川県から来ていた競輪選手の後ろに入り発射台になってもらい、スプリントで優勝することができた。
〜良かった点〜
・積極的な展開をした上で優勝することができた。
・落車しなかった。
・先週より調子を上げることができた。
〜悪かった点〜
・足が足りなかったため逃げ切ることができなかった。
〜考察〜
今回は自分が得意としている平坦レースで距離も短かったため優勝を第一目標として走った。逃げが決まりそのまま差をつけようと頑張ったが実力不足で吸収されてしまった。
もっと距離が長くてもっとアップダウンがあると……と考えるとやっぱり全く足が足りないのでこれから練習でもっと力をつけていきたいと思う。