読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Templueve 7.6km x 13laps 98.8km

http://www.fcwb.be/document/classements%20templeuve.PDF

1 18 VALLEE Boris BEL19930603 COLOR CODE BIOWANZE 02:12:27
2 34 CASIER Arne BEL19911123 MORGAN BLUE C.T. VZW 02:12:27
3 49 RICKAERT Jonas BEL19940207 OVYTA-EIJSSEN-ACROG CYCLING TE 02:12:27
KOMORI Ryohei DNF
NAGAO Kohei DNF

いよいよTeam Eurasia - IRC Tire のシーズンが開幕した。と言ってもジャージもまだ揃っておらず、昨年のものを使用している。

一昨日にベルギー入りした長尾、小森の2名が出走し、昨晩ベルギーに入国した菱沼、小石、谷内田、雨乞は出走を見合わせた。

スタート直後のアタックの中から20km過ぎに小森を含めた5名が150名の集団から抜け出し、後に集団から抜け出した5名と合流し10名のエスケープが決まった。距離も短くメイン集団はまだ100名以上が残っているため、集団も常にハイペースが続き小森を含めた10名とのタイムギャップは常に30秒前後。約1時間もすると集団が先頭グループを吸収。その後のカウンターで11名が集団を抜け出し、追撃で数名が加わり、この約20名のグループが最後まで逃げ切った。小森は集団に吸収された後もメイン集団の中から追撃に加わる動きに加わっていたが、メカトラブルがあり遅れそのままリタイヤとなった。

メカトラブルは残念だったが、初戦となった小森は期待以上に走れていた。ベルギーの選手たちはこの時期には既に4レース前後を走っている。0レースか4レースかの違いは、数字以上に大きい。アタックするタイミングも集団に吸収された後の動きも良かった。今後のレースに期待したい。