読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Ardooie


1 YSERBIJT Jesper KSV DEERLIJK-GAVERZICHT
2 GELDHOF David S.M. VL ALU DECOCK
3 VERSCHAEVE Lounes KSV DEERLIJK-GAVERZICHT

29 TAKAAKI Higuchi TEAM EURASIA-IRC Tire
38 SHUNKI Ito TEAM EURASIA-IRC Tire
40 RYOJI Sawachi TEAM EURASIA-IRC Tire
DNF AMAGOI Tatsuki TEAM EURASIA-IRC Tire

勝った選手はご近所さん。ウチから200mも離れていないところに住んでおり、彼のお父さんを知っていたので、彼の存在はジュニアの時から注目していたが、U23 3年目の今年は大きく成長している。対して2位だった選手も昔から知っているのだが、彼は今年39歳。父と子ほどの年齢差ながら二人に共通しているのは「レースを自分で組み立てる事ができる」と言う事。
日本人選手達にも常に「逃げに加わる事」を課題にしているのだが、今日は伊藤がスタート後10kmほどの逃げに加わった!僅か10kmほどで吸収されたが、この10kmで「アタックするタイミング」「ライン取り」「集団での位置取り」「追撃を待つタイミング」「ローテーションに加わるテクニック」「先頭を引く距離」「下がるラインから上がるラインに切り替えるタイミング」等々 様々な事を経験したと思う。
6レース目にしてようやく踏み出した小さな一歩。
「レースを自分で組み立てる」為の一歩です。