Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Torophee Van Oost-Vlaanderen U23 Day1 Pollare

1 VAN HERCK Glen BEL
MIXTE 2 JARFACE - JONGE RAKKERS U23
 
2 HAELTERMAN GlenBEL
BAGUET - M.I.B.A. - INDULEK - DERITO CYCLING TEAM U23

3 VANACKER BjarneBEL
EFC-L&R-VULSTEKE

12 HANADA Kiyomasa JPN
TEAM EURASIA IRC TIRE

15 OMACHI Kento  JPN
TEAM EURASIA IRC TIRE

69 Narumi Soh
DNF Takiyama Riku
DNF Yoshioka Takuya
DNF Suzuki Shiryu


今大会が初開催となるU23によるワンデイレースの2連戦。
2日間完走した選手上位10名にポイントが与えられポイント賞が付く。また上位3名により各日チーム成績があり、2日間の総合で上位10チームには「チーム総合成績」が与えられる。

初日は28.6kmの大きな周回を3周回った後に11.8kmの小周回を5周。計143.2km
大きな周回にはデロンドで有名な石畳の登り「ボスベルグ」があり、ゴール前は約8%ん登りで800mある。レースによる獲得標高は約1000m。

序盤からアタックが繰り返され小さなエスケープは起きるが決定的なものは決まらないまま約2時間が進む。大周回3回目のボスベルグを超えた横風の平坦区間で19名が選考。
ユーラシアからは誰も加わる事はできなかった。

前も人数が多くペースが上がらなかった事と、集団ではロットソウダルU23が4名で追った事で、最終回に振り出しに戻った。

勝負は約60人の集団のまま最後の登りに持ち込まれ、花田が12位、大町が15位でフィニッシュした。


数字的には良い結果であったがレースの内容は「何も出来ないまま終わった」レースであり、課題も残ったれーすであった。

ロットU23の選手は1人のエースの為に全開でおったものの、エースの最上位は17位。結果的には失敗したが、レースを大きく動かしたのは「脚力」もそうだが「意識」も差をつけられていると感じた。
 

f:id:teameurasia:20170522224506j:plain

f:id:teameurasia:20170522224510j:plain