読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

HERNE

HERNE    114km
 
1 WARD Tanner  USA
2 GHYS Robbe BEL LOTTO SOUDAL U23
3 SEFA Ylber  ALB
 
46th OMACHI Kento
78th HANADA Kiyomasa
94th NARUMI Soh
 
DNF YOSHIOKA Takuya
DNF TAKIYAMA Riku
DNF SUZUKI Shiryu
 
1周8.4kmの周回を14周。コース上には緩い丘が2箇所あり、コースも狭く、横風区間も短いながらあった。出走は146名と多く意外と集団で流れるコースだった。
2周目に4名が抜け出し、メンバーを入れ替えながら最後まで逃げ切った。
ラスト3周で追撃ができ、鳴海が反応したが千切れてしまった。
花田は要所で積極的な動きを見せ、何度か先行グループに加わるも「当たりくじ」を引き当てる事は出来なかった。厳しい言い方をすれば反応しても逃げに加わる事が出来ないのはそれなりに花田自身にも「課題」があるからだが(例えば・・・レース展開を冷静に見れていない、スピードが足りない等々)、どれも「決まってもおかしくない、絶好のタイミング」でっあったことを考えれば、とても収穫の多いレースだった。

f:id:teameurasia:20170429200518j:plain

2012年までの10年間をプロツアーで戦っていた Kevin Van Impe(左)。1周目からアタックに出る。

f:id:teameurasia:20170429200735j:plain
2周目に起きたアタックを基点に先頭集団の4名が構成される。

 
f:id:teameurasia:20170429201456j:plain

f:id:teameurasia:20170429202056j:plain

3周目には先頭の4名を追う動きが活発化。花田も反応する。出走約150名のレースにおいては集団の前に出てアタックをする事すら容易な事ではない。一時は決定的と思われる10名の追撃にも加わったが振り出しに戻されてしまった。

 

 

f:id:teameurasia:20170429202028j:plain


一時は集団との差を30秒以内まで詰められ、吸収される事も想定されたが、4名は最後まで逃げ切った。

花田 聖誠のレポート
4月26日 HERNE
(目標) 逃げに乗る

(レースレポート)
スタート後、最初の一時間は前に上がっては下がっては繰り返し、一時間を過ぎた辺りから展開に反応できるポジションに位置付ける事が出来た。 途中抜け出しては吸収されての繰り返しが続いたものの、残り40kmを残し最初の丘で抜け出しを試みると10人程で抜け出す形になり、このままゴールまで行けてもおかしくないような逃げが形成されたが、後ろからブリッジしてきた10人程が合流してからローテーションが回らなくなり1周過ぎた辺りで吸収されてしまった。その次の周にあった逃げが追撃グループを形成し、自分は最後まで集団に残された形でゴールした。
結果的に逃げを決められなかったのは悔しかったですが、しっかり動けたのは良かったと思います。
次回のレースは3日後のフランス123Jr。失敗を恐れずに動いていきます。










 

Wevelgem

DNF YOSHIOKA
DNF SUZUKI
DNF TAKIYAMA
DNF HANADA

花田はまだアルデンヌの疲労が抜け切っていない事を考慮して「1時間だけ走る」事を前提に出走した。
止める事を前提に出走する事に賛否の意見があると思いますが、もし高強度のトレーニングを予定していて、同日にレースがあるならばレースを走った方が良いと考えています。
普段出来ないような「思い切ったこと」をチャレンジできるし、集団の中で走る事でスキルアップにもなります。
ただし、想定以上に「追い込み過ぎてしまう」事もあるので、第3者がブレーキをかける必要があると思います。

f:id:teameurasia:20170429212133j:plain

 

 

f:id:teameurasia:20170429212048j:plain

f:id:teameurasia:20170429212110j:plain

f:id:teameurasia:20170429212123j:plain

2017 Team Eurasia - IRC TIRE Cycling Academy のお知らせ!

2017  チームユーラシア-IRC TIRE サイクリングアカデミー 開催します!

 

チームユーラシア-IRCTIREは日本自転車競技連盟より「JCF強化パートナー」として中学生、高校生のロード選手を夏休みの間、欧州で強化、育成する遠征合宿を委託されました。

 

初開催となった2015シーズンはレース中の落車に加えトレーニング中の落車が頻発した事から、昨年は「トレーニング中の落車ゼロ」を大きな目標としました。この目標を達成するためにサポートを行うチームユーラシアの選手達にも過去の落車の事例を解説し指導を行いました。 様々な対策を行った事によりトレーニング中の落車はゼロとなりましたが、「レース中の落車」が10回ありました。今年は「レース及びトレーニング中の落車ゼロ」を最も大きな目標に掲げたいと思います。

少年期に養われた「落車に対する意識」は大人となり選手を続ける、続けないに関わらず、自転車に乗るのであればいつまでも役に立ち、事故を低減させる事ができると確信しています。
競技スポーツであり海外遠征を行うまでに打ち込んでいるのであれば、「成績」もとても大事な目標である事には変わりありませんが、先ずは「落車しない意識改革」に足先を向けたいと思います。

今年はインターハイが7月26日~30日まで開催され、全日本選手権ジュニアロードレースが8月6日に開催されます。
U17で出場を予定しているウェストフランデレン サイクリングツアーのスケジュールも合わせて検討を重ねた結果、U19カテゴリーのアカデミーに関しましては、募集人数を減らして活動する事になりました。人数は減ってしまいますが安全かつ充実したアカデミーとしたいと考えています。
応募数が参加定員を上回った場合は、これまでの戦績、将来の目標等を考慮の上、選考させていただきます。あらかじめご了承下さい。

f:id:teameurasia:20170420064923j:plain

2016 West Vlaanderen Cycling Tour に参加したU17選手


U17の活動について

期間
期間8月9日前後~8月21日前後までの約2週間

参加予定レース(確定はまだしておりません)
8月12日 Heestert
8月14日 Meulbeke
8月18日~20日 WestVlaanderen Cycling Tour (3日間 4ステージ チームタイムトライアル含む)

5レース以上(ステージレース各区間含む)に参加予定です。

参加定員
5~6名

参加条件
国内で十分にトレーニングを積み、レースに参戦するテクニックを持ち合わせた2001年1月1日から2002年12月31日までに生まれた健康な男子。
タイムトライルレースへの参戦経験がある、もしくは十分なトレーニングを積んでいる選手(ウェストフランデレン サイクリングツアーへ参加する際はTTバイク及びディスクホイールの使用は禁止です。アタッチメントバーは各自で用意していただきます)。
レース及びトレーニングで使用するクリンチャーホイールもしくはチューブレス対応ホイールを用意できる選手。
ベルギーの競技規則の注意点
ホイールはリムハイト 35mm以下のホイールのみ使用する事が可能です。
使用できるギアはクランク1回転で7.32m以下進むギア比です。
例) アウター48TX14T を使用する事が可能です。国内の規則より重たいギアですので、国内の規則に準じたギア(52X16)を使用していれば問題はありません。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

U19の活動について
期間
期間8月17日前後~8月30日前後までの約2週間

参加予定レース(確定はまだしておりません)
8月20日 Helkijn
8月22日 Langemark
8月24日 Kortemark
8月26日 Kooigem
8月29日 Lendelede

5レース以上に参加予定です。

参加定員
3~4名

参加条件
国内で十分にトレーニングを積み、レースに参戦するテクニックを持ち合わせた1999年1月1日から2000年12月31日までに生まれた健康な男子。
レース及びトレーニングで使用するクリンチャーホイールもしくはチューブレス対応ホイールを用意できる方。

 

ベルギーの競技規則の注意点
使用できるギアはクランク1回転で7.93m以下進むギア比です。
例) アウター52TX14T を使用する事が可能です。国内の規則と同じギア比です。

f:id:teameurasia:20170420064946j:plain

2016 ヨハンムセウクラシックに参加したU19メンバー

以下共通事項

参加費
遠征日時、航空券等の発券時期等により航空券の価格が大きく変わってきますので、航空券の発券が完了するまで参加費は分かりません。昨年は航空運賃代(自転車超過料金含む)、14日間の生活費、遠征費、現地ライセンス発行手数料、エントリー代等を含めた参加費の平均は209,740円でした。この金額以外に、成田空港までの国内交通費、海外旅行者保険料、現地でのお小遣い等が必要となります。

 

講座の内容について

期間中は以下の講習を行います。
安全に関する確認(落車事故等について)
メカニック講習(洗車~初級レベルの整備)
英会話講習
レース参戦時のアドバイス

f:id:teameurasia:20170420065610j:plain

英会話のレッスンが行われました。

 

 

 

申請用紙提出期限 4月30日(日)

申請用紙請求期限 4月30日
申請用紙提出期限 5月5日 (4月29日に訂正しました)

先ずは下記のメールアドレスに

選手名

生年月日

を記載の上申請書をご請求ください。

こちらからサイクリングアカデミーに関する概要と申請用紙等をメールにて送付します。

概要を確認していただき申請用紙に記入を行い、メールで申請用紙を提出してください。申請用紙を受領後に選考を行い参加メンバーを決定します。申請を行った時点では参加は決定されていません。のでご注意ください。

 

 

橋川 健

Team Eurasia-IRCタイヤ 総責任者兼監督

UCI(国際自転車競技連盟)公認 コーチ

日本自転車競技連盟 ロード部会員

 

連絡先

teameurasia2009@gmail.com

橋川 健

 

 

 

 

 

 

 

16e GP - 11e memorial Eddy Louagie (Hooglede)

16e GP - 11e memorial Eddy Louagie
134riders@start   81riders@Finish

23rd Hanada Kiyomasa
25th Omachi Kento
29th Shimizu Ohko
54th Narumi Soh
DNF Takiyama Riku
DNF Yoshioka Takuya


前半は大町が積極的に動き、中盤は清水が動けた。清水は今期 元気な走りをまだ見せていなかったのだが、ようやくコンディションを上げてきた。



スタート直後からアタックが繰り返されハイスピードで進むが逃げは決まらない。
中盤に入り4名が集団を抜け出すが、メイン集団は追撃の手を緩めることなく進み、約1時間後に吸収。次の展開に入る所で清水も積極的にアタックに加わった。

決定的な逃げに加わる事は出来ずに、ユーラシアの4名はメイン集団でのフィニッシュとなった。

レース後、パイオニアのペダリングモニターを解析すると昨季~今期のNP値が最高値を出していた。

来週からはアルデンヌチャレンジが始まるので、良い形でスタートしたい。

清水のレース当日のデータは以下のリンクより。
約30kmの会場まで自走で行き、自走で帰宅。トータル170km走行しました。
レース中のデータはLAP3です。

cyclo-sphere.com



 

 

f:id:teameurasia:20170409161342j:plain
天気が良かったので外でレースの準備を行いました。


f:id:teameurasia:20170409161348j:plain
瀧山 理玖。U23 1年目でまだベルギーのレースで「痛い目」にあっている。最初の数レースは30分以下で終わってしまう事も多かったが、今日はハイペース&ハード な展開の中1時間以上走ることができた。



f:id:teameurasia:20170409161321j:plain
出走数が多く次々と力ずくでのアタックが行われては、集団に引き戻される展開が続き、アタックが決まらずハイペースな展開が続く。先頭はエティックスとロットのサテライトに所属する選手。集団の先頭(向かって右側の青白ジャージ)で牽制しているのはスティーブン・カトーベン。4年前までプロコンでバリバリ走っていた選手。プロ時代は第1カテゴリーのレースでも優勝し、昨年も3~40勝している・・・





f:id:teameurasia:20170409055057j:plain
4名の逃げを吸収し、カウンターでアタックする清水。本来の良い時の清水が戻りつつある。




f:id:teameurasia:20170409161336j:plain

前半は動けなかったが後半に入り花田も集団前方で展開に加わっていた。



 

MEMORIAL STAF SEGERS - SCHOTEN

46th Omachi Kento
82nd Hanada kiyomasa
86th Narumi Soh
98th Shimizu Ohko
DNF Yoshioka Takuya
DNF Takiyama Riku

昨年は1時間で全員がリタイヤしたレース。今年は6名出走、4名がメイン集団でフィニシュし、大町はラスト40kmから11名の逃げに加わった。メンバーもよく最後まで逃げ切る可能性もあったが、最終周回に吸収された。
数字だけで見れば大した成績ではないが、内容は素晴らしいレースだった。

以下、大町によるレポートです。

橋川 健



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天気 晴れ 風は普通 気温 やや暖かい

距離 134km

展開 スタートからアタック合戦があり、アタックに反応したり自ら仕掛けてみるが決まらず集団に吸収されてしまう。そして捕まった直後のカウンターアタックで逃げ集団が形成されてしまう。

次の追走の動きに反応出来るように集団前方に位置しながら待つ。そして追走の動きがあり、すかさず反応するが集団から抜け出せずそのまま集団がペースアップし逃げ集団を吸収し振り出しに戻る。そしてその後、アタック合戦になる。その中で前に位置する事が出来ていたのでそのアタック合戦に参加する。

残り3周に入る直前に6人ぐらいがアタックしたのでそれに反応し追いついて後ろを確認したところ、集団とのタイムギャップが開きかけていた。そして10人程になった逃げ集団の中でローテーションが回りはじめる。

そして、メイン集団が目視で確認できなくなるぐらいまでタイム差がひらいたが残り1周をきった辺りで集団に追いつかれてしまう。追いつかれた後も集団のやや前方に位置していたがそこからさらに前にはあがることが出来ずにそのままゴールに流れ込んだ。

良かった点 逃げに乗る事ができた点

悪かった点 最後の最後で前に上がりきれなかった点

感想 思ったよりも石畳を問題無くクリアできた。次回も頑張ります。

f:id:teameurasia:20170406225709j:plain

 

ANZEGEM

170riders @start

45th  Omachi Kento
76th HANADA Kiyomasa
DNF Narumi Soh (落車)
DNF Shimizu Ohko
DNF Takiyama Riku
DNF Yoshioka Takuya


上位11人中9名がコンチネンタルチームに所属する選手たちが占め、実力の違いを見せ付けられた。

 

 

大町 健斗によるレースレポートです。

天気 晴れ  風はやや強い  気温 暑い

展開 スタートして前に上がりきれず、集団の中盤よりやや前に位置する。先頭の方でアタックがあり4人が抜け出す。その後も追走の動きがあったものの乗ることが出来ず、残り6周目の横風区間で集団がバラバラになり集団が3つに割れ、その内の2つ目のグループに入る事ができ、そのままゴールまでメイン集団から逃げきる事が出来た。 良かった点 逃げに乗りメインからだが逃げきれた点 悪かった点 先頭の逃げが見えている位置にいたのに乗れなかった点 感想 やっと1歩を踏み出せたなと思った。これからも引き続き頑張って行きたい思います。


Esplechin

50th Narumi
DNF SHIMIZU Ohko
DNF OMACHI Kento
DNF HANADA Kiyomasa
DNF YOSHIOKA Takuya
DNF TAKIYAMA Riku

鳴海によるレポート

日付・3月23日

天気・晴れ

距離・121㎞

レース名・GRAND PRIX PIERRE DEWAILLY

結果・50位/146

コンディション・良

 

目標・落車しない、風が強いので前々で展開する、レースを見る

 

展開・スタートは準備が悪く、後方からのスタートとなってしまった。目標を集団内で力を使わずに前へ上がるに切り替える。序盤は周りの状況についていけず、前に上がれなかったが、4周ほどかけ、集団中盤まで上がる。その先にうまく進めなくなってしまったので、集団が緩んだところで前に上がるように切り替える。残り5周ほどの登りで前に上がれたので、前々で展開する。その時には、勝ち逃げ、追走はできてしまっていた。前で回していると追走集団に近づいてきたが、そこから前にブリッジを掛ける足はなかった。ラスト3周ほどで中切れが起きる。追うが追いつけず、集団内に降りる。しかし、その後落車があり、集団が1つに戻った。その後も前々で走っていると集団が小さくなっていた。ラスト1周で山本選手が追走に飛び出したので、ローテーションに加わりながら足を休ませる。最後はスプリントになったが、足がなく集団内でゴールとなった。

 

考察・今回準備の悪さで、後方になってしまったが、中盤までは上がれることが分かった。また、追走に追いつきそうになった時、スピードが緩んだ時に動けば決まっていたかもしれない。もっとうまく前に上がれるようにならなければならない。1分~5分の練習も多めに入れていく必要があるとわかった。次戦は、人数が多く登りもあるため、いろいろと試していく機会があると思う。

 

今回も応援ありがとうございました。





f:id:teameurasia:20170409171419j:plain

f:id:teameurasia:20170409171426j:plain