Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Sint Pauwels

10.1kmX11laps  81riders@start

1 VAN CAUWENBERGHE Christophe
2 VANOVERSCHELDE Kobe
3 LAGNEAUX Yoni

30 Hanada Kiyomasa

36 Yamagishi Daichi

38 Omachi Kento

40 Yoshioka Takuya

コース上には約1kmの石畳区間(両脇の50cmがコンクリートになっている)を含む1周10.1km。風が強く吹いていたが横風の影響を受けることなく、比較的流れやすいコースレイアウトだった。

3周目に大町を含む数名が抜け出し、これを山岸を含む数名、更に花田を含む数名が加わり、18名の先頭グループが形成された。一時はメイン集団に1分近いギャップを作り逃げ切りが予想されたが、メイン集団のペースが上がりラスト4周で吸収された。

追撃の動きを予想し、準備していた吉岡がカウンターのアタックの5名に加わり、集団を抜け出すが2+3名に分断され、吉岡は取り残され、メイン集団に吸収。

更にメイン集団から小人数が集団を抜け出し、最終的には22名が先行したが、ユーラシアからは誰もここに加わる事はできなかった。

結果的には良くは無い成績だったが、U23山岸が序盤の先頭集団に加わり、また吉岡が「次の展開を予測しながら実行する事ができた」のは大きな収穫だった。




~~~~~吉岡によるレポート~~~~~

今日も冷静に走ることを心掛けつつ、前回出来なかった勝ち逃げに乗ることを目標としてスタートした。

スタート直後のアタック合戦には加わらず、集団内で走った。
2周目あたりから決まりそうなタイミングのアタックに反応していった。
3周目過ぎに一旦後ろに下がり走っていると石畳区間で集団が分裂し20人の逃げが決まってしまった。しかし、チームメイトの3人が逃げに乗っていたため、後ろで待つことにした。

ラスト5周くらいで集団がペースアップ、逃げとの差がどんどん詰まっていき、ラスト4周で逃げが捕まった。そのタイミングでカウンターアタックに行ったが決まらず、集団内で走った。
ラスト2周で2人でアタック、前の3人と合流し5人の逃げができた。しかし脚が限界になり、その逃げから自分を含む3人がドロップアウト、残りの2人はそのまま逃げ切った。
自分は最後は集団でゴールした。


考察
今回は序盤にできた主要の逃げに乗ることができなかったがチームメイトが3人乗っていたので、集団内で走った。逃げを吸収した後、中途半端なアタックばかりしていたので、一旦冷静になろうと集団に戻り集団の流れを見ていた。
ラスト2周でアタックした逃げはそのまま決まっていたので、ドロップアウトしてしまったのが悔しい。しかし今回のレースで得るものは多かったので今後のレースに繋げていきたい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここ数レース、吉岡のレースの内容が良くなっているがそれは実際に数字の上でも確認する事ができた。

f:id:teameurasia:20180913190055j:plain

手応えも感じる事が出来ないほど「異次元」のベルギーのレースにおいて「苦しみばかり」が続いていた。そんな結果の出ない中でも苦しいトレーニングは続き・・・投げ出したくなる事もあったと思う。
そんな時でも耐えて、耐えて乗り越えてきて、ようやく数字上でも自己記録を更新し、レースでも「展開する楽しみ」を感じる事ができるまでになった。


様々な情報が溢れる中で、効率と結果ばかりに目が向けられるけれど、泥臭い、地道な努力は期待を裏切らない。

これからも、「苦しみ」は続くけれど、頑張って欲しい。

f:id:teameurasia:20180913191232j:plain

集団の中で待機する吉岡。次の展開を予測し、実行する事ができた。



f:id:teameurasia:20180913192102j:plain

U23 1年目の山岸。大きく成長している。

 

 

f:id:teameurasia:20180913203114j:plain

f:id:teameurasia:20180913192415j:plain

最もアグレッシブな走りを見せた花田だったが、彼の実力を思えば、最終の22名の逃げを逃してしまった事は失敗だった。



 

 

Ophasselt Inter Club2

このレースはインタークラブと呼ばれる、チーム単位でエントリーを行うレース。
各チームの代表しかエントリーできないため、必然的にレベルは高くなるが、コンチネンタル登録の選手達はエントリーが出来ない為、飛び抜けて強い選手のエントリーは少ないのが特徴。
当日申し込みのケルメスはコンチネンタル登録された選手や数年前までまでプロツアーで走っていたような選手がエントリーする事があるので、全体的にレベルは高い。

1 ANECA Ciske
2 VAN DER HAEGHEN Ruben
3 DESMECHT David
65 Yoshioka Takuya
75 Hanada Kiyamasa
87 Yamagishi Daichi
DNF Suzuki Shiryu
DNF Takiyama Riku

 

花田によるレースレポート

目標
逃げに乗り順位を狙う
 
序盤に短い登りがあり、中盤にアップダウン区間がある。ホームストレートに掛けても道の悪いアップダウンとなっている。
スタート直後に一気に前に上がり最前列で登り口に入る。そこから数名の抜け出しがあり自分も加わった。登りきった所で前30名程軽く抜け出る形となった。
下り区間で一まとまりとなり、アタック合戦が始まる。前方に位置していた自分も加わるが全く決まらないまま1周目を完了。
 
2周目の登りで位置を下げ、集団中程で様子を観る。アップダウン区間で7名程が20秒~30秒先行した。
 
3周目に再び前に上がり追走を試みるが失敗に終わる。
 
5周目の登りで一気にペースが上がり、逃げていた選手達を吸収した。
再びアタック合戦が始まる。
 
2時間を過ぎた所で8名の逃げが形成された。自分はこの時、後ろに下がっていた為気付かなかった。人数を入れ換えながらこの逃げは最後まで逃げ切った。
残り2周から登りの度にある、追撃に反応したが、上手くまとまる事が出来ず、その間にタイミング良く抜け出し、追走に成功した選手等に付いていくことが出来ず、集団内で75位でレースを終えた。
 
結果には繋がらなかったが、前半から動く事が出来ていて、調子の良さは感じられていた。次のレースに向けて疲労を抜きレースに挑みたいと思います。





Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U19#23 Bury

1 LELEU AUDRIC   2h01'45" 
2 MARTENS THOMAS    +0"
3 香山 飛龍                   +20"
5 福田 圭晃                  +20"
12 鳥倉 必勝         +1'10"
16 古林 一夢        +1'57"
25 五十嵐 洸太   +5'58
 
1周目から鳥倉が4名で集団を抜け出す。
3周目で集団に吸収されたのだが、そのカウンターで2名が飛び出した。
香山も集団の前方で動いていたが、このアタックに反応する事はできなかった。

2名は集団から泳がされる形で進んでいたが出走人数が少ない事と、アカデミーでの選手が5名エントリーし、実力が高い事は知れ渡っており、マークが厳しく追走の集団を作る事は出来なかった。

終始アタックが繰り返されており、ラスト2周で集団は3つに分断。
逃げる2名に続き~福田、香山を含む 5名が50秒差。鳥倉、古林、五十嵐は後続の集団に残された。

2名は最後まで逃げ切り、香山は最後は5名から飛び出し単独で3位に飛び込んだ。
最後まで逃げ切り2位に入賞した選手は1周目に鳥倉と共に逃げていた選手。
最初から最後まで逃げ切られた・・・f:id:teameurasia:20180905004508j:plain

戦略的には上手く行かなかったが、各選手最後のレースと言う事もあり積極的な走りが目に付き、見ていてドキドキするレースだった。20秒差まで追い詰めたが追いつく事はできなかった。あと1周早く動いていれば・・・と思ってしまうが、実際に動いていても集団から抜け出す事が出来なかった。

f:id:teameurasia:20180905005158j:plain

f:id:teameurasia:20180905004849j:plain

f:id:teameurasia:20180905004909j:plain

f:id:teameurasia:20180905005623j:plain

f:id:teameurasia:20180905005636j:plain

 

Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U17#22 Bury

GRAND PRIX ADOLPHE TAHON
64.000km (8 tours de 8 km)01:42:51

 

1 TSUDA YUGI
2 VANDENBROUCKE BENJAMIN
3 DE ZUTTER JONAS



スタート前に「3日前のレースで優勝し、マークがより厳しくなっているハズなので、慎重にON OFF切り替えながら行くように」指示をした。

スタート後30分は時間は不気味なくらいに静かに集団のままレースは進んだが、45分を過ぎた頃に津田のアタックを起点に7名の選手が集団から抜け出す。

f:id:teameurasia:20180905163055j:plain

 

 

 

しかし、津田の強さを警戒する集団はうまく歩調を合わせずに、津田が「回れよ!」と静かにアピール。
クールな15歳だ。

f:id:teameurasia:20180905163938j:plain





「前回のレースは2人で抜け出し最後も独走勝利とは言い難かった内容だったので、今回は独走で勝ちたかった」

 

7名でのエスケープ中に「自分が一番強い」と確信した津田はラスト2周(ラスト15km)からアタック。
冷静に考えれば「ラスト15km」確実に勝つにはまだ早いと感じるが、ロードレースは格闘技であり、相手に如何にダメージを負わせて勝つか?勝ち方まで問われる競技であり、本能的に戦えるか?が問われる。ボクシングで言えば多くのボクサーは「判定よりもKOで勝ちたい」と言う心理と同じである。
f:id:teameurasia:20180905164425j:plain


最後は後続に1'50"のタイムギャップをつけて逃げ切り、見事な勝ちっぷりでした!


Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U19#21 Kortemark

28riders@start  84km


6th Torikura Hissyo
10th Kobayashi Hitomu
20th Ikarashi Kota

1周7kmを12周。途中緩い登り区間や 横風が吹いたらエシュロンが組まれそうな農道区間もある。平坦で行われる事の多いウェストフランドル地方のレースであるが、バランスの取れた良いコースである。

出走人数が少ないので、「数名の強い選手がマークされ逃げが作られにくい」が「一度逃げが決まってしまうと追う選手数が少ないので決まりやすい」事をレース前に伝え、「それでも逃げに乗る事」を目標とし、前々回のレースで3位に入賞している鳥倉は「常に次の展開を予測しながらレースを走る事」を目標にした。

2周目に5名が先行。鳥倉による単独アタックのカウンターで行かれてしまい、鳥倉は反応できなかった。

少し間を置いて3人で追走をかけた。鳥倉が一番力強く、1名は余力が無く、1名は引く気が無い。あと少しのところまでギャップを詰めた所で、引くことに積極的ではない選手が単独でアタックし、前に追い付いた。鳥倉はそのまま追いつくことなく、集団に取り残された。

集団内でも積極的に動き、力を見せていたが、最後まで追いつく事はできなかった。
鳥倉はラスト700m、単独でアタック。集団から抜け出し集団の頭を取り6位だった。

古林は積極的に動くも集団から抜け出す事は出来なかった。五十嵐は集団から遅れリタイヤとなった。

f:id:teameurasia:20180825011537j:plain

5名が先行し、メイン集団からブリッジを3名でかけた際、残り2名が先頭交替に積極的では無い中、ガンガン踏み先頭集団に加わる事を逃した。
では3名で抜け出した際に引くことを止めるべきだったのか?
引くか、引かないのか?についてはその時の状況によって異なってくるので一言で答えは言えないが、

引くのを止める
=集団に引き戻される
=集団から抜け出すチャンスは二度とないかもしれない。

引き続ける
=もしかしたら脚力のある選手が一緒に先頭交代に加わる可能性のほうが高い

今回は予想通りにはならなかったが、逃げに加わった時に「引かない選手がいる場合の対応」について考えるチャンスになったと思うし、何よりもこのような体験、思考を繰り返し経験を積む事で「逃げに加わるための精度を高める」判断が行えるようになる。

ネガティフな判断からは単発的には結果を残す事もあるが、長期的に考えた場合は得られるものは少ない。

残るレースは1つ。3位まで順位を上げているので勝ちを狙いたいが、その前に先ずは勝ち逃げに加われるよう、冷静な判断と積極性を期待したい。

Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U17#20@Ruiselede

34riders @start    66km

1st  Tsuda Yugi
2nd DEBUYSSCHERE Louis

ここ数レース好成績を残しているだけでなく、数字以上に力強いレースを作っている津田がレース前から注目を浴びていた。
ブックメーカーのこのおじさんは橋川が現役の頃からやっている老舗のブックメーカーさん。
未知の存在である津田のコンディションや脚質の情報を集めるために色々と聞かれた。
津田が優勝した場合は掛け金に対し4倍の配当がある。

f:id:teameurasia:20180825001201j:plain

 

これまで独走で力を見せ付ける走りでレースを作ってきたが、最後にやられるパターンが2レース続いていたので、今回はレース前から「もっと周りにもレースを展開させる事と、脚質的にスプリントでは勝つ確立は低くなるので逃げるための余力を考えながらレースを進める事」を意識させた。

この戦略は津田の実力、脚質に対して言えるアドバイスであって、ユーラシアを含め他の選手にはまた違ったアドバイス、戦略がある。簡単に言えば「勝ちを意識できる選手だけが残りの余力を考えるべきであり、勝ちを意識できるようになるにはそれなりの成績と実力が必要である」と考えている。

f:id:teameurasia:20180825000442j:plain


ラスト20kmでアタックし独走に持ち込んだDEBUYSSCHEREをしばらく泳がせ、力のある選手である事を確信すると津田が単独でアタックし、約半周で追い付いた。
二人でのローテーションも「相手のほうが力強かった」と判断できるように冷静に走れていたようだ。
「スプリントでは勝つ可能性は低い」と考えた津田は残り700mのコーナーの立ち上がりからの緩いのぼりでアタック。コーナーでは鋭く突っ込んでいったがIRCタイヤのASPITE WETはしっかりとグリップ。
ゴール前では僅差まで迫られたが最後まで逃げ切った。

 

f:id:teameurasia:20180825000502j:plainフィニッシュは乃木坂46の決めポーズ。
色々このアイドルグループの魅力を目をキラキラと輝かせて語ってくれたが、オジサンの心には残念ながら響かなかった(笑

それよりも雑な走りで失敗を繰り返しながら結果を残す津田の走りが断然響いた。

前回3位のレースはこちら

teameurasia.hatenablog.com

Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U17#17 Kortemark - Team Eurasia-IRC tire

前々回5位のレースはこちら

teameurasia.hatenablog.com



Team Eurasia - IRC TIRE サイクリングアカデミー U17#19 Langemark

30riders@start 83km  5.5X13laps

3rd Torikura Hissyo
5th Kayama Hiryu
9th Fukuda Yoshiaki
15th Ikarashi Kota
22nd Kobayashi Hitomu

福田を含む数名の逃げに鳥倉、香山が追走で追い付いた。