Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

Lendelede Yamagishi Daichi finished 10th!!

Lendelede 113.5km  4.44X25Laps 70riders Start  / 21 riders Finish

1 VANDYCK NIELS   TEAM THIELEMANS - DE HAUWERE
2 DEFREYNE CÉDRIC  KVVK-MOEDER-LAMBIK-BEACHRACETEAM
3 CAETHOVEN STEVEN  DL CHEMICALS - RUWOMAT - HIKOKI
4 CONSTANT KENNY  GAVERZICHT-BE-OKAY
5 MAES JO   DL CHEMICALS - RUWOMAT - HIKOKI
6 DEBUY ANTHONY    TOPS ANTIEK - GLASCENTRA HCT
7 VERMEER TOM   TOPS ANTIEK - GLASCENTRA HCT
8 BALCAEN MANOLITO ARCÈNE   WIELERTEAM DECOCK-VAN EYCK-DEVOS-CAPOEN
9  MCNAMARA CHRIS
NUUN-SIGMA SPORTS-LONDON RT
10  YAMAGISHI DAICHI  TEAM EURASIA - IRC TIRE
20 Omachi Kento
DNF Hanada Takiyama Yoshioka Suzuki


昨年はフランスの1,2,3Jrカテゴリーでトップテンに入った山岸大地がベルギーのケルメスで初めてトップテン入りした。
ベルギーのケルメスは当日申し込み可能なローカルレースではあるが、国土の小さいベルギーではそのローカルレースに集中して強い選手が集まるのでレベルは非常に高く、フランスで言えばエリートナショナルレベルである。
優勝した選手はコンチで7年間経験のある選手で、2位の選手は2年前までU23ベルギーナショナルチームで活動していた選手、3位は元プロコンで他にもトップテンには2名が元コンチチームで活動していた選手だった。

1周目から大町が動き、吸収されたタイミングで抜け出した数名に花田が反応し、更に花田が吸収されたタイミングで山岸が動き、スタート後約10㎞で11名の逃げが決まった。

一旦は1分30秒以上タイムギャップを作ったが、追走集団が形成され(大町が加わった)タイム差が一気に詰まった。タイム差がついたままの場合、先頭集団では早目に「次の展開=フィニッシュに向けたアタック」が始まるので、山岸には厳しい展開になると懸念していたが、追走ができた事で、先頭集団の有力選手達も勝つための手段として「協調しながら一定のペースで逃げ続ける」事を選択し、ラスト20㎞を切るまでローテーションは繰り返された。

最終周回に入っても山岸は食らいつき、10名によるロングスプリントで最下位だったものの後続を振り切り10位でフィニッシュした。

後続では追走集団に加わった大町が20位でフィニッシュした。

山岸おめでとう!

f:id:teameurasia:20190520140822j:plain



 

f:id:teameurasia:20190520055800j:plain

f:id:teameurasia:20190520055825j:plain

f:id:teameurasia:20190520055846j:plain

 

GP Minsk (UCI1.2)

f:id:teameurasia:20190515182551j:plain


前日に引き続きUCI1.2の連戦。

以下 大町健斗のレポートより

Grand prix Minsk(1.2)
天気 快晴
気温 暑い
風は普通
距離 150km (15km×10Laps)
結果 19位
展開 事前にコースプロフィールをみた限り、前にいる事がかなり重要なコースと認識してスタートした。最初の1時間は昨日の疲労等で身体が上手く動かないだろうと解釈したので、しっかりと耐えながら、集団内で待機してから動く様に心掛けて走った。

後ろの方でスタートしたが、一周で何とか30番手以内まで上がる。だが、30番手以内ですら、かなりきついのでもう少し前まで上がることに。やはり、昨日の疲労もあってか、身体が重い。しかし、この重さは1時間すれば無くなると判断したので、1時間は耐えながら集団内で待機する。走りながら、今日も集団スプリントかなと思いながら走る。しばらく休みながら走ること残り4周、2人が飛び出していく。多分捕まるだろうと思ったので、そのまま見送る事に。最終的にこの逃げから1人が逃げ切る事となってしまった。1分のタイム差をキープして集団は周回をこなして行く。残り3周で1度千切れそうな位キツくなるが、なんとか耐え切り50秒の差のまま最終周に。最終周、10人以上が飛び出して行くのが分かったので、すかさず飛び乗る。が、しかしその追走は捕まってしまう。そのまま20番手以内を保ったまま、残り3kmの登りの石畳へ。気合いでこなし、全力で位置どりをして行く。残り1km 良い感じで最終コーナーをこなして行く。残り500m 集団内で埋もれてしまう。最後はサイドから強引にもがいていったが、19位という結果となった。

良かった点
・諦めなかった点
・何よりもチャレンジできた事

感想 結果的には残念な結果となったが、本当にこの2日間で良い勉強、良い経験になった。まだこれから大事なレースが続くので、これからもしっかりとコンディションを整えて、走っていきたいと思う。

5月11日Minsk Cup (UCI1.2) 15位  

5月11日にべラルースで行われたMinsk Cupに大町健斗が出場しました。

アメリカのクラブチーム(非UCIコンチネンタルチーム CMI Tours)のメンバーの一員として仲間に入れていただいたのですが、ベルギーのクラブチームに所属する日本人がアメリカのチームのメンバーとして走るという複雑な三角関係だったのですが、ベルギーのチームからも承諾を得て参加に至りました。

3月では「ハイパフォーマンス」な走りで体重63㎏の大町がGent-Wevelgemで出した「約3時間15分」「平均出力305ワット」「NP340ワット」をはじめ、他にもデータ的には良い数字を出していたレースがいくつかあったのですが、結果には繋がらず…さらに4月のネイションズカップやアジア選手権等の日本代表の試合でもリタイヤが続き、それに伴いデータ的にも感覚的にも「走れていない状態」が続いていましたが、アジア選後気持ちを切り替えトレーニングに取り組みようやくヨーロッパツアー1.2のレースでトップ20に入りました。しかも2日連続!

展開的には集団で流れ(と言っても多くの選手が千切れて消えている)、ゴールスプリントの展開だったのですが初日のゴールスプリントに向けた攻防で30秒のMMPが743W。自己記録更新。
サラ足で30秒 743ワットではなく、170㎞走った後の743ワットですので、ここようやく走れるようになってきたのかな…と、少し光が差し込んで来た感じです。

本来のベストの走りからは程遠いですが、上期最終戦19日 Lendeledeでは良い結果を残せるようにプッシュします(笑

f:id:teameurasia:20190515173743j:plain

 

チームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミーのお知らせ

チームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミー
男子ユース選手(U17 及び U19)の夏休み期間中の欧州遠征について

早いもので「チームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミー」(JCF強化パートナー事業)も5年目を迎え、これまで60名以上のユース選手のサポートを行い、10名の強化指定選手を輩出しています。
サイクリングアカデミーではレースに参戦するだけではなく、集団内での位置取りやトレーニングの組み方、またトレーニング、レースに関わらず走行中の事故を低減させるための指導に力を入れています。

また今年より「高木 秀彰 サポートプログラム」が行われ、欧州レース経験の無い(ナショナルチームでの活動は除く)選手を対象に参加費用の一部もしくは全額をサポートします。詳しくは下記を参照ください。

f:id:teameurasia:20190504021052j:plain

参加するレースについて

出場するレースにつきましてはU17(2003年1月1日~2004年12月31日生まれ)及びU19(2001年1月1日~2002年12月31日生まれ)のカテゴリーが対象です。

スケジュール
インターハイの開催時期を考慮し7月20日前後出国のグループと8月5日以降出国のグループに分けます。
レース数に関してですが、U17はMAX2レース/週、U19はMAX3レース/週と規則があり、約2週間の滞在でU17は4レース)、U19は5レースを予定しています。

f:id:teameurasia:20190504021553j:plain

 

参加費(参考代金)
25~30万円

約2週間の生活費、活動費、航空運賃代金実費(15~25万円)含む 遠征の時期によりチケット代金が大幅に変わりますが、可能な限り効率的に低予算で実現できるよう努めます。また今後の為替等の影響で参加費も変わってくる可能性があります。ご了承下さい。

 

参加人数
7月出発グループ U17とU19合計4~6名
8月出発グループ U17とU19合計4~6名

申し込み期限

5月8日 申請書送付依頼期限

5月10日 申請用紙送付期限(メールにて)
サイクリングアカデミーへの参加の可否は「申請書」によりお申し込みをいただいた後に、選考を行い誓約書へ記入及び送付していただき正式にメンバーが決定されます。申請書の送付の段階ではまだ参加は決定していません。

 

問い合わせ及び申請用紙の請求先

teameurasia2009@gmail.com

橋川宛

 

橋川 健

Team Eurasia-IRCタイヤ 総責任者兼監督

UCI(国際自転車競技連盟)公認 レベル1コーチ

日本自転車競技連盟 ロード部会員

 

 

【高木秀彰サポートプログラム】

f:id:teameurasia:20190504024213j:plain

写真提供 Yuya Yamamoto

一昨年10月に急逝されたフォトジャーナリストの故 高木秀彰氏は、日本の自転車競技の発展を願うと共に、「若い選手を応援したい」という強い意志で、国内のUCIレースやJプロツアーのみならず、地方のローカルレースや学連、高体連のレースまで多くのレースを取材し、若い選手の活躍を世に発信し続けていました。

 

このたび、高木秀彰氏の遺志とご家族のご意向により、「若い選手の育成に役立てて欲しい」とチームユーラシア-IRCタイヤの活動にご寄付をいただき、その全額を「サイクリングアカデミー参加者へのサポート」に使わせていただくことになりました。

「サイクリングアカデミー」は、ジュニアやU23の強化指定選手が多く輩出されるなど若い選手の意識改革、強化に繋がっています。ここにはチームユーラシアのみならず、国内クラブチームや高体連に所属する選手のエントリーも多く、若い選手やチームの共同体として欧州のレース活動を続けてまいりました。

 

しかし、航空運賃代、滞在費、レースエントリー代等の個人負担があるため、金銭的な理由で参加を見送る国内トップの高校生が存在しているのが現状です。そこで、「高木秀彰サポートプログラム」は、対象選手の遠征費用の一部もしくは全額をサポートいたします。

サポート対象者

・全国大会もしくは相当するレースで優勝もしくは優勝しているジュニア男子選手

 (2001年1月1日~2002年12月31日生)

・ヨーロッパ参戦経験の無い事(ナショナルチームの活動を除く)

 

申請用紙を請求の上、必要事項を記入し申請用紙提出期限である5月10日までにお申し込みください。

サポート対象者がいない場合及び寄付金が余った場合は、翌年に繰り越します。

 

f:id:teameurasia:20190504025130j:plain

 

 

 

2015年~2017年まで高校3年間毎年参加し、現在EQADSに所属しナショナルチームメンバーとしても活躍している蠣崎 優仁選手

 高校の3年間の8月は、毎年必ずアカデミーに参加させていただきました。初めてベルギーのレースを走った時の衝撃は、今でも鮮明に覚えています。日本とは「レベルが違う」のではなくて、「全く違う種目」なのだと感じました。ジュニアカテゴリーに上がった後も、ナショナルチームの活動がハードではありましたが、1レースでも多くヨーロッパで走りたいという思いで、アカデミーに参加させていただきました。
サイクリングアカデミーは、自分のキャリアに素晴らしい経験値を与えてくれました。
簡単には実現できない、ヨーロッパでレースを走る機会を与えてくれたサイクリングアカデミーにとても感謝しています。
これからヨーロッパでプロの自転車選手を目指すジュニア・ユース選手にはぜひ、 サイクリングアカデミーでチャレンジして下さい!

f:id:teameurasia:20190504023138j:plain

2019年 EQADSに所属しナショナルチームメンバーとしても欧州でレースに参戦している蠣崎選手。

f:id:teameurasia:20190504023626j:plain

2015年に参加した際はステージレースでエスケープグループに加わりスプリント賞を獲得した(赤いジャージ)。

 



アルデン チャレンジ 17-21日

ルデンチャレンジ レポート

4月17日~21日までベルギーの南東部、アルデン地方で行われた5日間のステージレースに参戦してきました。このレースはリタイアしても次の日以降も出走が可能というシステム。5日間を通じて全てのステージを完走した選手は、個人総合成績、ポイント賞、山岳賞、U23賞の対象となります。チームユーラシアからは鈴木、吉岡、瀧山、花田、山岸、CalvinSimの6名が出場しましたが、残念な結果に終わりました。

ベルギーのレースも残りわずか。トレーニング内容を見直し結果を残せるように取り組みます。

 

 

花田

鈴木

吉岡

瀧山

山岸

カルビン

Erezee

30

3Lap-

 

 

3lap-

DNF

Rachamps

1lap-

98

2Laps-

DNF

DNF

DNF

Leglise

70

106

完走

DNF

完走

 

Rouvroy

DNF

TimeOut

DNF

DNF

DNF

 

Libramont

DNF

1lap-

1lap-

1lap-

64

 

 

 

▼以下各ステージのレポートと各選手のコメント

【第1ステージ Erezee】66km×1+8km×6=114km 今大会一番厳しいステージ。66kmの大周回に5kmの登りと10kmの登りの後、小周回の序盤に最大勾配12%1kmの登りが控えており、獲得標高は1700mを超える114km。序盤は穏やかに進み、10kmの登りで集団の数は半分にまで絞られ最後は、70名程の登りスプリントとなった。「人数が絞れてからの小周回でペースアップに加わり展開は上手く運べたが、最後被されてしまい30位でゴールした。花田」

 

【第2ステージ Rachamps】39km×1+45km×1+12.3km×3=121kmアップダウンを中心に8個のGPMが設置されている。60km地点4個目のGPMは、リエージュ・バストーニュ・リエージュでも使われる激坂Mur st roch。「逃げと追走で40人以上に逃げ切られてしまったが、人数を減らしていった集団に残りゴールした。次は大きな逃げには加われるようにしていきたい。吉岡」

 

【第3ステージ Leglise】 42.5km3=127.5km42.5km  序盤から常に逃げはあるもののどれも決まらず、最終周回の後半で2名抜け出し逃げ切り、後ろは集団スプリントとなった。「5日間の中で1番身体が動き、頭も冷静に周りを見れていた為、安定して集団前方でレースの展開に加わる事が出来た。結果に繋がらず悔しいが、価値のあるステージだった。鈴木」

 

【第4ステージ Rouvroy】 39km+43.5kmx2=126km。 2周目と3周目はホームストレートを過ぎると最大勾配27%の激坂が控えている。「最大勾配27%の激坂がポイントだったが集団の後ろの方で入ってしまった。登りでは集団は複数のグループに割れ第2グループに入る事に。第1グループが常に前に見えていたが最後まで追いつく事ができなかった。瀧山」

 

【第5ステージ Libramont】 43.5kmx2 + 19km = 125km。序盤は目立った動きはなく、残り20kmでリーダージャージ3枚を含む18名が15秒差で先行していたが、残り3kmで吸収され集団スプリントとなった。「人数が絞られる中で完走出来たことは良かったが、ラスト20kmに決まった有力な逃げに乗れなかったことが課題として残った。山岸」

 

 

またアルデンヌチャレンジ期間中宿の移動があり、第3ステージの朝は引っ越しの準備や宿舎の掃除で朝から大忙しでした。選手と現地スタッフ1名で宿舎から会場までの移動及び、買い出し、自炊、エントリー時の手続き、料金の集計等をリーダーの鈴木を中心に選手で行いました。

5日間ありがとうございました。

f:id:teameurasia:20190505164405j:plain

 

f:id:teameurasia:20190505164438p:plain

 

Wevelgem

119.6km 4.6km x 26laps  84 riders start  60 riders finish

17th Hanada Kiyamasa
DNF Calvin Sim
DNF Suzuki Shiryu
DNF Yoshioka Takuya
DNF Takiyama Riku
DNF Yamagishi Daichi

 

Bredene

114km 7.1km X 16Laps  155 riders start 123 riders finish

 

52  Hanada Kiyomasa

101 Yamagishi Daichi

Finish Suzuki Shiryu