Team Eurasia-IRC tire

サイクルロードレースチーム Team Eurasia-IRC tire 日本と欧州で活動中!

キナン AACA カップ 第2戦

2月10日、11日に行われた「KINAN AACAカップ」の最上位カテゴリー(1-1)に瀧山 里玖、鈴木 史竜、山岸 大地の3名がエントリーを行いました。第2戦のレポートです。

 

2月11日 第2戦
打ち合いの中から瀧山、鈴木を含む約20名の逃げができた。キナンサイクリングチームは誰もこの逃げに加わっておらずメイン集団から追い上げたが、先頭集団は人数を減らし分断されながらも最後まで逃げ切った。

優勝はエカーズの津田 悠義(15歳)。そして2位も高校生。
強いね!将来が楽しみだ。

勝ち逃げの追走グループに反応したが付ききれなかった山岸
「自分は1番最初のアタックに反応したが、反応が遅く宙ぶらりになり集団にもどる。その後、追走に加わるが上手くいかず、自分が下がったところで追走グループに行かれてしまった。
レース強度を走った中で、コンディションは上がってきているものの一発の高強度や、3分や5分の短時間の強度に弱いと感じた。今後の課題としては、短時間高強度のインターバルが必要と感じたので練習に3分や5分のインターバルを入れていく。TT練はしていたのである程度の強度は不安を感じなかったが、ケルメスはもっと強度が高いので引き続き練習していく必要があると思った。」山岸

 

勝ち逃げに加わり最後まで逃げ切り9位でフィニッシュした鈴木

「今回、逃げを決めたいという気持ちが強く出てしまい、本当の最終勝負に入った段階では、脚を削ってしまっていました。実際にレース序盤は、コーナーの前にローテーションで引き終えたのにも関わらず、コーナー中にうまい具合に前に入れられ、引く回数が多くなってしまう(連続で引くような形になる)場面も多々ありました。レース中盤からは注意してしっかり後ろに下がったものの、やはり細かいことで頭を使わないといけないと思い知らされました。

また、休んでいる格上の選手を見た時に、アカデミー時のレース反省会で橋川さんがおっしゃっていた話を思い出し、ローテーションを飛ばすことも考えました。

今まで千切れてばかりで苦しいばかりでしたが、駆け引きの難しさを感じつつも、楽しみも感じました!

まずは、日本のレースでしっかりと力を使っても勝てるような実力をつけることが一番なので、その為に練習します!」鈴木

f:id:teameurasia:20180213205732j:plain

 写真は2017年ベルギーのレースに参戦する鈴木

 

 

 

 

先頭集団に加わるも遅れてしまいDNFの瀧山

「2周目の往路で2名が先行した。折り返し前に周りを確認したらKINANの選手の多くが集団中程に居てさらに強風で誰も引きたがらなかったのでこれは行けると思い前を追走するべくアタック。インタープロの水野さんと自分ともう2人、それにKINAN の選手を加えた5人で抜け出すことに成功する。KINANの選手は総合リーダーのスプリントで狙っているのか前を引く様子が無かったので4人で全開で回し集団を離しにかかる。その後、有力選手と鈴木を含む20名ほどの選手が追いついてきて大きな先頭集団が形成された。
10周目位で先頭集団も人数を減らして15名ほどになったところでインタープロの水野さんがペースアップ。ここで先頭集団から遅れてしまった。次はこのような大きなチャンスをしっかりと掴みとり結果を残せるように頑張りたいと思う。」瀧山

キナン AACA カップ 第1戦

2月10日、11日に行われた「KINAN AACAカップ」の最上位カテゴリー(1-1)に瀧山 里玖、鈴木 史竜、山岸 大地の3名がエントリーを行いました。

2月10日 第1戦
皆 積極的に動いたものの最後は集団によるスプリントとなり集団内で完走となりました。

集団内でフィニッシュした鈴木
「ほとんどのアタックにチームで誰か1名は乗るような形が、無意識的に出来ており、いい形で集団前方でレース展開が出来ていた。しかし、行き区間で起こった1つのアタックを逃してしまい、KINAN、エカーズ、東京ベントスを含んだ強力な数名の逃げに誰も乗せられなかった~~~集団との間にKINANのニュートラルカーが入り、ギャップが開いていき逃げにチームメイトを送り込んでいるKINANの選手が集団前方に固まっていたので、これはまずいと瀧山選手と話し、一気に追い上げを開始。集団中盤から上がっていく途中で山岸選手もいたので声をかけ合流し、3名で一気に先頭集団までのジャンプを試みた。車が間に入るほどの距離があったが、その周回のうちに先頭に追い付いた。」 鈴木

 

 

今年からユーラシアに加入し3月に渡欧する山岸は周回賞をゲットした!

「足を残す走りではなくて、序盤からアタックして今のコンディションを知ることを目標に走った。その中で何回もチャレンジしたが逃げができなかったことはしょうがないが、ラスト2周の決定的な逃げになると思った逃げに乗れたのはよかった。次は勝ち逃げに乗れるようにしたい。アタックして集団を抜け出したタイミングで周回賞を取れたのは良かった」 山岸

f:id:teameurasia:20180213204817j:plain

山岸はサイクリングアカデミー1期生。写真は2017サイクリングアカデミーより。2018シーズンはU23/エリートカテゴリーのレース参戦となるが、積極的な走りが期待されている。




集団内でフィニッシュした瀧山
「今回ユーラシアは自分を含め3人(自分、鈴木、山岸)が居たので有力選手の動きを警戒しつつ危険な逃げには必ず誰か1人が乗るようにうまく連携を取った。何度も逃げ集団が出来たがいずれも半周ほどで捕まり捕まってはまた飛び出しの繰り返しで一向に逃げが決まらない展開となった。結局どの逃げも決まらず2時間と少し打ち合いっぱなしだった後最後はAACAでは珍しい集団スプリントとなった。」瀧山

 

 

 

チームジャージデザインのご報告と販売について

いつも応援ありがとうございます!

ジャージのサプライヤーベルギー国内の企業や日本の企業と交渉を行う中で、品質を優重視した上で今年のジャージのサプライヤーはベルギーの「JARFACE」となりました。

日本では馴染みの無いブランドですが、「JARTAZI」と言うサッカーを中心に企画、製造しているベルギーの大手スポーツウェアブランドのサイクルウェアー部門から独立したのが「JARFACE」です。JARTAZIブランドでサイクリングジャージを製作していた頃は、素材や価格、縫製は高次元でバランスが取れていたのですが、裁断のパターン(形状)がいま一つ・・・しかし、サイクリング専用ブランドとなりより細かなパターンを追求する中で「ベストフィット」するサイクリングジャージとなりました!
現在もJARTAZIと製造、ロジスティックなどの多くでパートナシップを結び、より品質の高い商品を製造しています。

因みに日本のサッカー選手「久保 裕也」選手が所属しているKAA GENT(現在ベルギーの第1リーグで4位)をサポートしているのがJARTAZIです。

 

2018 Team Eurasia - IRC TIIRE
ジャージデザイン

今年はこれまでのデザインを踏襲しつつより攻撃的なイメージとし「カモフラージュ」を採用しています。今年の主なメンバーは海外2年目となり、より「タフ」な走りが出来るように期待を込めました。

 

 

↓クリックで大きくなります!

f:id:teameurasia:20180126174337j:plain

 

 

 

 

ジャージの販売について

チームユーラシア IRCタイヤのジャージを今年も販売させていただきます。売上の目標を50万円としており、利益の全額をチームの活動費として使わせていただきます。皆様からのご支援、ご注文をお待ちしております!
また今年から、選手達にジャージの販売の営業をお願いしています。選手達にもキャッシュバックされるシステムとなっていますので、選手達が必死に営業してくるかもしれません。失礼があるかもしれませんがどうか温かい気持ちで応援をよろしくお願いします。

 価格 Jarface デマラージュシリーズ

半袖 15,984円

長袖 15,984円

ベスト 15,984円   25%OFF  11,988円
ビブパンツ 15,984円

送料 一律1,000円

 
ベストは前面は防水性がありながら伸縮性のある素材を使用し、背面は通気性に優れるメッシュを採用しています。

 

サイズ XXS  XS  S  M  L  XL  

国内の一般的なスポーツウェアのサイズよりもワンサイズ大きめに作られています。詳細は下記をご確認下さい。

半袖ジャージに関しましては「エアロフィット」採用し。ピチピチな状態で着用する事を前提に裁断及びサイズの設定が行われています。ゆったりと着用する事をご希望の場合はワンサイズ大きめ(国内スポーツウェアと同サイズ)をお勧めします。

ベストについて
裁断もレースやファストライドの使用を考えて裁断され、バタツキを防ぐために腰周りや肩口もタイトに設計されています。多くの他社ブランドではベストは「自動的に大きめ」に作られる傾向がありますが(レースでタイトに着用する場合はワンサイズ小さ目をオーダーする必要がありました)、Jarfaceの場合はジャージ類と同サイズで良いと思います。

f:id:teameurasia:20180126174954j:plain

締め切り 
2月2日

(生産は全て受注清算で行います。締め切り後の受注は受け付けられない可能性があります。ご了承下さい。)

お申し込み
お名前
ご住所
電話番号
希望のサイズ
数量
を明記の上、以下にご連絡下さい。

teameurasia2009@gmail.com

 

 

商品の受け渡し
ベルギーで検品後 4月末頃に国内より発送予定

 

お支払い

銀行振り込み(SMBC信託銀行) もしくは ゆうちょ銀行 への送金となります。
お申し込みを頂いた後にこちらから合計金額及び振込先口座をお知らせします。
1週間以内に合計金額の30%。1ヶ月以内に残金をお支払いいただきます(初回のお振込み時に全額お振込みいただいても結構です)。

 

VELOFORIES

ジャージのサプライヤーと欧州自転車事情の視察を兼ねて2018年1月19~21日に開催されたベネルクス最大の展示「Velofories」に行って来ました。
近年、キャノンデールやスペシャライズド、トレックなど大手ブランドがユーロバイクやサイクルモード等への展示会への撤退を続ける中で多くのブランドが顔を合わせる稀有な存在となっています。
ユーロバイクと比べれば小さな展示会になぜこのような盛り上がりを見せているのか・・・時期なのか?出展料なのか?自転車競技が国技と言われている(世俗的にだけど・・・)ベルギー独自のマーケットがあるのか・・・?は謎ですが、半数以上のブースでビールが振舞われる楽しい展示会である事には間違いありません・・・

Jarface

f:id:teameurasia:20180126180627j:plain

フラットシーマ縫製が採用されているJARFACE製のデマラージュシリーズのジャージ。ユーラシアのジャージも同様のグレードで製作されます。

 

 

 

 

f:id:teameurasia:20180126181402j:plain


ベルギーU23チャンピオンのJordi Van Dingenenが所属するHome Solution Cycling TeamのプレゼンテーションがJarfaceブースで行われました。アマチュアチームですが、約30名の選手が所属し上位の選手は欧州コンチネンタルチームと戦えるだけの実力を備え、トップコンペティションシリーズに参加資格を持つベルギー国内トップ10チームに属しています。

ベルギーサイクリングウェア界の巨人Bio Racerの目の前に小さなブースを構えましたが、アマチュアのチームの発表会と言えど、注目度は高く多くのファンが集まりました。

 

IRC TIRE

f:id:teameurasia:20180126181601j:plain

f:id:teameurasia:20180126181438j:plain

VeloforiesではIRCタイヤを取り扱っているSABMAも出展していました。昨年はアマチュアレースにおいてもIRCタイヤのチューブレスを使用する選手を見かけました!IRCタイヤも浸透して来ています!!



3ACTION

f:id:teameurasia:20180126182021j:plain
チームの設立時から応援していただいている3ACTION。現在はスポンサーとチームと言う関係ではありませんが、今年も「ビール飲んでいく?」と声をかけていただきました。他愛も無い様々な話をする中で、新たなプロジェクトへのヒントがありました!

おまけ
ほぼ毎年Veloforiesに足を運んでいますが、年々Eバイクの勢いがすごい事になっています・・・既に物珍しさの粋を超えて、定番化し新しいジャンルとして街の中でも普通に見かけるようになりました。欧州では日本よりも交通規則として設定されたスピードが高い(27k/h?)事から、Eバイクを使用するメリットも高く、電動アシスト車は日本のほうが製品としてより早くから開発、普及されていましたが、「スポーツタイプ」という新しいジャンルとなると欧州ブランドが一気にシェアを伸ばしました。
その多くはボッシュ製のユニットが使われ、2年ほど前にシマノが電動ユニットを発表した際は「時既に遅し・・・」と思っていたのですが、今年のVeloforiesでは多くの完成車メーカーにシマノのユニットが搭載されていました。
そんな中で「カッコいいな・・・」と思ったのがコレ

f:id:teameurasia:20180126183848j:plain

後に値段を調べると1,632,000円!(11,999euro)。僕が中学生の頃のドリームバイクは「チネリ レーザー+カンパニョーロコルサレコード」でしたが、Eバイクがドリームバイクとなる日も近いかもしれません・・・

2018 Team Eurasia - IRC TIRE について

活動予定

2018シーズンの開幕は2月25日にベルギー 東フランダース地方で開催されるマルデヘム(104km)となり、前期は約25レースに参戦。前半戦の注目するべきレースは4月には11~15日に行われる5日間のステージレース「アルデン チャレンジ」。昨年のこの大会では第5ステージで花田が10位に入賞しており、今年はそれ以上の成績を期待しています。
5月に帰国。6月の3Days熊野、全日本選手権に参戦します。
7-8月には中学生、高校生を対象にしたサイクリングアカデミーを開催(詳細は3月末に公開予定)。
9月には3日間4ステージのフランスで行われるステージレース「ツールドモゼル」に参戦し、10月にシーズンを終了します。今年も欧州で50レース前後、国内で10レース前後の参戦を計画しています。

2月25日   欧州シーズン開幕 マルデヘム
4月11-15日 アルデンチャレンジ 

5月     上期欧州遠征終了 25レース前後に参戦  

6月    3Days 熊野 全日本選手権 U23個人タイムトライアル  U23個人ロードレース

7月    サイクリングアカデミー

8月    後期欧州遠征 25レース前後に参戦

9月   ツールドモゼル参戦

10月   後期欧州遠征終了

 

 

所属選手

所属するメンバーはU23 2年目のメンバーを中心になり、平均年齢は18.8歳となります。清水、鳴海がそれぞれ欧州他チームへ移籍する事で頼れる存在を失ってしまいますが、各選手の自立と共に成績の向上を狙っていきます。


大町 健斗 1998/04/28(2015シーズンよりチームユーラシア サポート選手 2017年正式加入)

2015 優勝 全日本選手権個人タイムトライアル ジュニア

2016 優勝 全日本選手権個人タイムトライアル ジュニア

2017 10位 Heule

   7位 全日本選手権個人ロードレース U23

   優勝 3Days 熊野第3ステージ

 

f:id:teameurasia:20180115042137j:plain3Days熊野では大町健斗が第3ステージで区間優勝。

 

 

 

 

花田 聖誠 1998/07/31(2017年より加入)

2016 3位 アジア選手権 ジュニア

2017 10位 Arden Challenge 第5ステージ

f:id:teameurasia:20180115042238j:plain

 

 

 

 

 

吉岡 拓也 1998/11/22(2017年より加入)
2017 10位 JBCF仙台クリテリウム E1

   優勝 JBCF みやだクリテリウム E2 Gr1

f:id:teameurasia:20180115042635j:plain

 

 

 

 

瀧山 里玖 1998/10/15(2017年より加入)
2017 優勝 JBCF みやだクリテリウム E2 Gr2

 

鈴木 史竜 1998/04/16(2017年より加入)

 

山岸 大地 1999/09/18(2018年より加入)


移籍
清水 太己 USSA Pavilly Barentin (フランス)
鳴海 颯  Speeder Cycling Team (スイス)

 

 

 

 

 

使用機材

フレーム ブリヂストン アンカー

ホイール Gokisoホイール

タイヤ IRCタイヤ 
ヘルメット OGKカブト
サイクルウェア DECCA

ハンドル他 OnebyESU

ペダル LOOK

パワーメーター パイオニア

 

 

協賛企業
井上ゴム工業株式会社  http://www.irc-tire.com/ja/bc/
ブリヂストンサイクル株式会社  http://www.anchor-bikes.com/
オージーケーカブト http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/index.html
東京サンエス株式会社 http://tsss.co.jp/web/

株式会社近藤機械製作所 http://www.gokiso.jp/ja1/
株式会社ユーロスポーツインテグレーション http://www.eurosports.co.jp/
株式会社キナン http://www.kinan.co.jp/

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI  http://www.a-patisserie.com/
いとう歯科  広島市西区庚午北2丁目6-6

はっさく屋  http://0845.boo.jp/hassaku/index.html

 

 

 海外で活動するに当たり各選手には自己負担金が発生しています。選手のキャリア、成績、貢献度等によりチームからスカラシップと言う形でサポートを行っている選手もいますが、それでも約6か月分の生活費、2回分の航空運賃代を含めた年間の活動費は30~80万円となります。その多くの費用を保護者方々にご負担していただいていますが、理想的には強くなり、レース後に現金で受け取る賞金と冬のバイトで自立していく事を目標にしています。
 この冬、U23 2年目の選手に対してアルバイトを義務付けています。各選手は新聞配達、大型電気店、チェーンレストラン等々でバイトしながら来期の活動資金の調達を行っています。アルバイトを行う事で活動資金を稼ぐ事は大きな目的ですが、お金の価値、社会的な責任や時間の使い方(トレーニングメニューの組み立て)なども若い選手達には考えるチャンスになって欲しいと思います。

2018シーズンも多くの方々のご協力を得て活動が実現します。皆さんへの感謝の気持ちを選手達と共有しながら、2018シーズンどこまで強くなるのか期待しサポートしてまいります。
今後とも応援をよろしくお願いします。



Team Eurasia - IRC TIRE
監督 橋川 健

 

 

 

Heist op den Berg

101km

 

DNF Yoshioka
DNF Takiyama

Rekkem

60riders@start  113km

DNF Takiyama
DNF Yoshioka

Kuurne Criterium

67km 1.6kmX42Laps

DNF Suzuki
DNF Takiyama
DNF Yoshioka